マッチングアプリおすすめ人気12選【8月最新】

ゆうちょPayアプリの使い方まとめ!メリットや使える店、手数料など徹底解説

お金

以前からリリースの話しが出ていた「ゆうちょ」のスマホ決済アプリとなる「ゆうちょPay」が2019年5月8日についにリリースされました。

リリースを記念し9月30日まで、先着100万人を対象に現金500円をプレゼントするキャンペーンを実施するなど普及を目指していますが、今回はゆうちょPayの概要や使い方、メリットなどを踏まえて、個人的な感想をまとめましてみました!

2019年に当サイトがおすすめするスマホ決済アプリは以下の記事をご覧ください。

おすすめのスマホ決済アプリ【2019年7月最新】キャンペーン徹底比較!
2018年12月4日、Yahooとソフトバンクが手掛けるスマホ決済アプリ「PayPay」が展開した前代未聞の100億円あ...

ゆうちょPayの概要

ゆうちょPay - あんしん&べんりなゆうちょのスマホ決済

ゆうちょPay - あんしん&べんりなゆうちょのスマホ決済

posted withアプリーチ

ゆうちょPayが利用できる専用アプリは、iPhoneとAndroidでリリースされていますので、上のリンクからダウンロードが可能となっています。

リリースしたてとあって現状は正直使い勝手はあまりよくなく改善すべき点がいくつもある状態であり、アプリストアの評価も中々辛辣な言葉が並んでいますが、ゆうちょPayアプリの概要と使い方を説明していきたいと思います。

初回利用時にゆうちょ口座情報を設定が必要

まず、ゆうちょPayアプリの前提として、ゆうちょ銀行の口座を持っているかたが対象となりますので、ゆうちょ銀行の口座を持っていないかたは何の役にも立たないアプリとなりますので注意しましょう。

アカウント登録の時点で口座情報の入力が必要となっています。

ゆうちょPayで支払い時のセキュリティは強力

無事、ゆうちょ銀行の口座の設定が完了すれば、あとは利用するだけなので非常に簡単ではありますが、ゆうちょPayアプリの特徴のひとつとしてセキュリティの高さです。

ゆうちょPayでは、支払いのたびに6桁の「取引暗証番号」を入力する必要があり、他のスマホ決済アプリをバリバリに活用されているかたからすると、ちょっと煩わしい作業に思うかもしれません。

現にアプリのレビューで「毎回のパスワード入力は面倒だ!」という声もあるのですが、支払いをするとゆうちょ銀行から即時引き落としがされてしまうため、この辺りのセキュリティは必須だと思った方が良いでしょう。

支払いはアプリ上に表示されたコードをレジで読み取って貰うか、レジで提示されるバーコードを読み取るお馴染みの方法で可能となるのでこの辺りは迷うことはないでしょう!

もちろんTouch IDも設定可能

6桁の数字とは言え、毎回の取引暗証番号の入力が面倒過ぎる!と思われるかたは、Touch IDの設定も当然可能となっているので、こちらをおすすめします。

アプリにログインし、左上にあるメニューから設定に進み一番下にあるアプリ機能から、Touch IDの利用をONにすれば、次回から取引暗証番号を入力せず支払いが可能となりますので活用してみてはいかがでしょうか。

一日、一ヶ月の利用金額上限設定が可能で使いすぎ予防

スマホ決済アプリの利便性は、非常に簡単でスマートに支払いができる点であり、ゆうちょPayも簡単に決済ができるのですが、ゆうちょ銀行の口座から即時引き落としがされてしまうため、ついつい使い過ぎてしまう…なんてこともあるでしょう。

アプリ上で利用状況をみることは可能ですが、使いすぎ防止として一日・一ヶ月単位の利用上限を決めることができるので設定することをおすすめします。

デフォルトでは、一日の上限設定が10万円となっているので必ずご自身の状況に合わせて設定しておきましょう!

 

ゆうちょPayデビューキャンペーンで500円が貰える

ゆうちょPayでは、デビューキャンペーンとして2019年5月8日(水)から9月30日(月)まで先着100万人を対象に現金500円をプレゼントしています。

ゆうちょPayアプリをダウンロードし、ゆうちょ口座の設定が終わって利用できる状態にしておくことで、設定したゆうちょ銀行の口座に500円が入金されるため、ゆうちょ銀行に口座を持っているかたは是非この機会にゆうちょPayをダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

このキャンペーンは、期間が終わる前に先着100万人に達した時点で終了となります。

ゆうちょPayを使うメリットは?

ゆうちょPayアプリの概要と使い方を説明してきましたが、ゆうちょPayを使うことのメリットをいくつかご紹介させていただきます!

口座から即時引き落としで事前チャージも不要

スマホ決済アプリの中には、アプリに残高を事前にチャージしておかないと利用ができないものがありますが、ゆうちょPayは登録をしているゆうちょ銀行の口座から即時で引き落としがされるため事前に残高をチャージしておくという面倒はありません。

口座の残高がいくらあるのか…という管理は必要となりますが、利用をしたいときにすぐにゆうちょPayで支払いが出来るのはメリットではないでしょうか?

クレジットカードの準備が不要

スマホ決済アプリの多くは、クレジットカードと連携をして残高のチャージや支払いを行う必要がありますが、クレジットカードを持っていないかたやアプリに登録をしたくないかたも少なくはありません。

その点、ゆうちょPayでは支払いをするのに必要なのはゆうちょ銀行の口座だけなので、クレジットカードを準備する必要はありません。

アプリさえ入れればどのスマホ端末でも使える

ゆうちょPayは、端末に表示されるQRコード(バーコード)を読み取るか、店頭で提示されるコードをアプリで読み取ることで、ゆうちょ銀行口座から即時引き落としされるというシンプルな方法なため、ゆうちょPayアプリを入れるだけでどんなスマホでも利用ができます。

おサイフケータイやApplePay未対応のスマホ端末でも、利用することが出来るため比較的古い端末を持っているかたでもスマホ決済が可能となります。

 

ゆうちょPayのデメリットは?

それではゆうちょPayを実際に利用してみて、「ん?」と思ったデメリットもいくつかご紹介したいと思います。

…とは言え、この辺りは今後のアプリバージョンアップやゆうちょPayの対応などで改善される内容になると思いますので、現時点でのデメリットとお考えいただければと思います。

口座残高の照会ができず使える金額がわからない

ゆうちょPayを利用してみて一番不便だと感じた点は、ゆうちょPayアプリ上では登録したゆうちょ銀行口座の残高が表示されない点です。

ゆうちょPayでは、銀行口座の残高を利用して支払いを行うため、どの程度の残高が口座にあるのかは利用する上で重要なポイントなのですが、これが表示されないとどれくらい使える金額が残っているのか分からないため非常に不便だと感じました。

使えるお店がまだまだ少ない

リリースされてた2019年5月時点でゆうちょPayが利用出来るお店は、ドラッグストアを中心に家電量販店などごく僅かな店舗のみとなっており、正直かなり少ないです。

何かと利用頻度の高いコンビニや飲食店などは今後対応するとは思いますが、現時点で他のスマホ決済アプリと比べると寂し過ぎるくらいなので今後に期待したいと思います。

支払い口座はゆうちょ銀行のみ

ゆうちょPay…と言うだけあって支払い口座に設定出来るのは、ゆうちょ銀行のみとなっており、ゆうちょ銀行の口座を持っていないかたからすると登録すらできず何も使えないアプリとなります。

銀行口座から即時引き落としがされる仕組みは、クレジットカードを持っていないかたなどには需要がありますし、事前に残高をチャージする手間も省けるため対応銀行の種類が増えると利便性は大きく上がると思いますが、この辺りは今後どうなるか微妙なところだと思います…

お得なポイント還元などは無し

スマホ決済アプリと言えば、決済をすることでお得にポイント還元を受けられるキャンペーンの存在は大きいのではないでしょうか?

代表的なところで言えばPayPayやLINE Payなど購入額に応じて20%を還元したり、先日はGW期間中にメルペイが50%還元という大規模なキャンペーンが話題となりましたが、このゆうちょPayにはポイント還元がありません。

スマホ決済アプリでゆうちょPayと同じようにポイント還元のないOrigami Payがありますが、ポイント還元の代わりに支払い時に数%の割引きがされたり半額相当の割引きがされるキャンペーンを実施したりと利用するメリットがあります。

Origami Pay(オリガミペイ)ならその場で最大半額に!注目のスマホ決済アプリ
2018年はPayPayの100億円キャンペーンにより、現金を使わないスマホ決済アプリでの支払いを経験された方も多かった...

ゆうちょPayでは、2019年8月以降に割引きがされるクーポンを配信することが決まっているようですが、この辺りの内容も含めて他のスマホ決済アプリとの差別化が図れると良いのですが期待したいところです。

 

ゆうちょPayが使える店は?

ゆうちょPayのデメリットでも少し触れましたが、現時点(2019年5月)でゆうちょPayを利用出来る店舗は一部のドラッグストアや家電量販店のみでちょっとした買い物でよく利用するコンビニなどは未対応となっています。

5月中旬には松屋、6月頃にはミニストップや和民など少しずつ対応店舗が増えていく予定との発表がありますが、スマホ決済アプリは使えるお店の数も重要なポイントなので頑張ってほしいものです。

ゆうちょPay公式サイトでは随時使えるお店が更新されていくと思いますので、気になるかたは以下の公式サイトをチェックしてみてくださいね!

ゆうちょPayが使えるお店

盗難・紛失などでゆうちょPayの利用をやめる場合

ゆうちょPayは支払いのたびに取引暗証番号を入力するなどセキュリティは非常に高いものとなっていますが、支払いを行うと銀行口座から即時引き落としがされるため、万が一スマホ端末を紛失したり盗難に遭ったりした場合は不安になると思います。

そういった場合は、以下の公式サイトでアカウント情報などを入力して申請をすると、ゆうちょPayのアカウントを一時停止することが可能となっています。

一時停止状態になったアカウントでは、停止状態を解除するまでログインや支払いなどができなくなるため紛失などの緊急性がある場合は、今後ゆうちょPayを利用することがない…などの場合はアカウントの停止申請をするのが安全でしょう!

公式サイトでアカウント停止依頼

ゆうちょPayアプリのまとめ

ゆうちょPay - あんしん&べんりなゆうちょのスマホ決済

ゆうちょPay - あんしん&べんりなゆうちょのスマホ決済

posted withアプリーチ

ゆうちょPayについて使い方やメリットなどをご紹介してきましたが、現時点では利用をおすすめしたいスマホ決済アプリとは言えないかなと思います。

もちろん、クレジットカードが不要だったり面倒な残高チャージを事前に行う必要がないなど利便性が高い点は評価できますが、支払いをすることで得られるポイント還元などの特典がないことや、ゆうちょ銀行の口座を持っていないと意味がない点など数あるスマホ決済アプリと比較をすると利用する優先度はかなり低くなります。

スマホ決済アプリの醍醐味はやはり第一にお得なポイント還元が来るかと思いますし、使えるお店が豊富なものはそれだけ利用する頻度も高くなります。

 

そういった点を踏まえると、わざわざ他のスマホ決済アプリの利用をやめてまでゆうちょPayは使わない…というかたが大半なのではないでしょうか?

 

もちろん今後のゆうちょPayの対応などによって劇的に利便性が上がったりすることも考えられますし、今なら先着100万人に現金500円が貰えるので取り敢えずアプリをダウンロードして使える状態にしておく…というのでも良いと思います!

まぁ今後に期待!と言うことですね(笑)

ゆうちょPay以外に、当ブログでは2019年におすすめしたいスマホ決済アプリを詳細にご紹介していますのでスマホ決済アプリに興味のあるかたは以下の記事を参考にしてもらえればと思います!

おすすめのスマホ決済アプリ【2019年7月最新】キャンペーン徹底比較!
2018年12月4日、Yahooとソフトバンクが手掛けるスマホ決済アプリ「PayPay」が展開した前代未聞の100億円あ...

✦ コメントを書く