【DQウォーク】リセマラ当たり最新ランキング

youtubeでゲーム実況配信のやり方!素人でも簡単に始められる方法がこちら

Amazon/買い物

子供たちがなりたい職業として近年上位に現れるようになったのがYouTubeで動画を配信して生計を立てるYouTuberです。

「好きなことをして生きていく」と言うのは魅力的ですが、稼げるYouTuberになるには時間もかかりますし、更新を続けていく事も中々難しいはず。

それでもまずはやってみたいと思われる方におすすめなのがゲーム配信YouTuber

今回は、ゲーム配信をしながらYouTubeを始める方法を解説していきたいと思います。


2020年以降は動画配信者が恩恵を受ける!

現在、スマホの移動通信システムは4Gですが、今後4Gよりも遥かに通信速度の早い5Gの時代が来ます。

5Gの通信速度は4Gの約100倍の、およそ20Gbps(20,000Mbps)ですが、各キャリアとも通信料金は現行の料金を維持、もしくは低料金を検討しているとの事で今よりも圧倒的にスマホの利便性は向上します。

そんな5Gの提供開始時期は、東京オリンピックが開催される2020年を予定しているとの事で、遠い未来の話しでは決してありません。

 

そのような時代に、我々一般消費者にとって現在よりも活発になるサービスの一つに映像業界があり、その代表的なものがYoutubeではないでしょうか?

外出先のスマホから、手軽に通信速度や通信量を気にせず動画を楽しめるようになれば、Youtubeを利用する方は今よりももっと増えることが予想されます。そうなると気になるのが、Youtubeを観る側ではなく、配信をする側になった方が幸せなんじゃないだろうか?と言うことです(笑)

でも、Youtuberになるのって難しいんじゃないの?と思われる方も多いと思いますが、単純にYoutubeで配信するだけなら、誰でも出来るんです。ただし、「視聴される」と言うのが難しいのです。

要は、配信するコンテンツ(内容)が人気のあるジャンルじゃないと、中々再生されずに終わってしまうのですが、手っ取り早くYoutubeで再生される動画を作りたいならオススメなのが、ゲーム配信チャンネルです。

スマホやPS4のゲームでも何でも良いのですが、人気のあるゲームタイトルを録画して配信をすれば、視聴される可能性は他のジャンルより高いので、動画配信のモチベーションにも繋がるのでオススメです。

今回は、代表してNintendo Switchを使ってYoutubeで動画配信を行うための方法をご紹介します。

 

Youtubeゲーム配信者になるために必要なもの

尚、今回ご紹介するものは僕が実際に行った環境での説明となり出来るだけ低価格で準備をしたものなので、もっと良い商品や環境などがある場合もあります事、ご理解頂ければと思います!

ゲーム機(スイッチ本体)

当たり前ですが、ゲーム動画配信をするには絶対不可欠なゲーム機。今回はSwitchでの方法を記事にしていますが、PS4でもスマートフォンでも構いません。

最近では高品質で人気のあるスマートフォンのゲームアプリが多いので、いちからゲーム機を買うのはちょっと…という方は、スマホゲームでの配信の方が敷居は低いかもしれませんね!

Switchの場合、大体32,000円ほどで購入できます。配信したいゲームとセット販売している場合もあるので、色々見てみてくださいね。

キャプチャーボード

はい、重要なのがこのキャプチャーボードです。これは、遊んでいるゲームの画面を録画するための機械で、良いものだと30,000円を超えたりと結構な値段です。ちょっと挑戦してみようかな…というくらいの気持ちの場合だと中々手を出しにくいですよね。

そこで我が家が選んだのは、I-O DATAから発売しているキャプチャーボード「GV-HDREC」です。

詳細は後述しますが、GV-HDRECの凄いところは、簡単な編集をするためにパソコンを用意する必要が無いことと、マイクを繋げばゲーム実況もそのまま可能となります。

Amazonなら現在12,000円ほどですし、最初のコストを出来るだけ抑えたいという方にはかなりおすすめです。

また、録画方法も複雑な操作は一切無いので、まずはYouTubeゲーム配信初心者の第一歩としての環境なら全然ありだと思います。

 

TYPE-CとHDMIの変換アダプター(Switch専用)

SwitchはHDMIケーブルを挿す場所が本体には無いため、手持ちでゲームをする場合は、TYPE-CとHDMIを変換するアダプターを用意する必要があります。

この変換アダプター、色々な種類が出てますが、Switchに対応をしていないものも多いため、無難なのはSwitch専用のアダプターを購入した方が良いでしょう!

これだと、だいたい2,000円程なので購入できます。

PS4など、本体に直接HDMIケーブルが挿せるゲーム機の場合は、この変換アダプターは不要です。

 

SDカード

録画したゲーム画面を保存するためにSDカードを用意しましょう。何時間も撮りっぱなしって方はいないと思うので、録画・編集・投稿を一連の流れで行うなら、64GB程度のSDカードでも問題ないと思います。

今はだいぶSDカードも安くなっていて約1,000〜2,000円程度で買えますので、何枚か用意しておくのも良いと思います。

 

SDカードリーダー

撮影をした動画をパソコンに取り込みたい場合は、SDカードリーダーを用意します。

我が家では、撮影した動画をMacbookに取り込むため、安いカードリーダーを購入しましたが、SDカードが読み込めるならカードリーダーなら何でも良いと思います!

 

Switchとキャプターボードをつなぐ

それでは、具体的にSwitchとキャプチャーボード「GV-HDREC」を繋いでみたいと思いますが、このキャプチャーボードのすごい点を軽く説明します。

GV-HDRECならパソコン不要で録画&編集可能

動画編集と聞くとパソコンが必要と思われる方も多いと思いますが、録画をするのも編集するのもGV-HDRECひとつで行うことが出来ます。

ただし、編集と言っても不要な部分を削除して一本の動画にすることのみで、例えばテロップを入れたり音楽を入れたりなどは出来ません。

とは言え、ゲーム動画配信は基本的にそれほど凝った演出をする必要もないので、不要な部分をカットするだけでも十分かと思います。

マイクをさせばゲーム実況動画もできる

マイク(イヤホン付きマイクを含む)をGV-HDRECに繋げば、ゲームの音楽と共に自分の声も一緒に録画することが可能です。

その為、簡単にゲーム実況動画を撮影することが出来るので、最低限の設備でゲーム実況チャンネルを開設出来ちゃいます。

マイクやマイク付きイヤホンを、GV-HDRECではなくSwitch本体に挿してしまうと、録画しているゲームの音声が一切消えてしまうので注意しましょう。

ゲームをしている間は音声も聞こえますが、録画した動画を見るとゲームのBGMも自分の音声もない動画となってしまうので、必ずGV-HDRECにマイクを刺して録画をして下さい。

パススルー機能で遅延も回避

通常、ゲームを遊んでいても遅延(タイムラグ)を気にすることはあまり無いと思いますが、キャプチャーボードなどを通してゲームをする場合、機器によっては遅延が起こります。

この遅延が何に影響するかと言うと、これまでの感覚で操作をしていても、タイミングがズレてしまったりと操作に大きな違和感が出てしまいます。

GV-HDRECには、この遅延を回避するパススルー機能が付いており、格闘ゲームやレースゲームなど、動きの速いゲームでもタイムラグを気にすることなく遊ぶことが可能となっています。

タイムラグはゲーム動画を配信する上で、かなり重要なポイントなので、この機能はかなり必須なのです!

 

Switchでのゲーム動画録画の流れ

それでは、具体的にSwitchとキャプチャーボード「GV-HDREC」を使ったゲーム動画の撮り方を説明していきたいと思います。

キャプチャーボード「GV-HDREC」とテレビを繋ぐ

GV-HDRECとテレビ(HDMIのあるモニター、ディスプレイでも可能)をHDMIケーブルで繋ぎます。

GV-HDREC背面の「HDMI OUT」と書かれた箇所はHDMI出力端子なので、この部分とテレビのHDMI入力端子にHDMIケーブルを繋いでください。

GV-HDRECとHDMI変換アダプターを繋ぐ

HDMI変換アダプターと、GV-HDRECをHDMIケーブルで繋ぎます。

GV-HDREC背面にある「HDMI IN」は入力端子なので、この部分とHDMI変換アダプターを繋いでください。

次に、このSwitch専用のHDMI変換ケーブルは電力供給をしないとダメなので、TYPE-Cのケーブルを繋いで充電器もしくはコンセントにつなぎましょう。

SwitchとHDMI変換アダプターを繋ぐ

最後に、Switchの下部にあるTYPE-C差し込み部にHDMI変換アダプターを繋げば、接続は終了となります。

Switch本体とHDMI変換アダプターを繋ぐ手順を最後にしないと正常に画面が映らないケースもあるので、念のためこの手順で接続してみてください。

PS4でも基本的な接続方法は同じなので、それぼど迷わないかと思います。需要があれば、追記しますので、PS4の接続方法も説明して欲しい方はコメントもしくはメール下さい!

GV-HDRECの録画ボタンを押すだけ

GV-HDRECには複雑な操作はありません。ゲーム画面がテレビに映っている事を確認してから、GV-HDREC本体にある録画ボタンを押すだけで録画が始まります。

赤いランプが点滅している状態なら、正常に録画が出来ていますが、そうでない場合はSDカードの容量がいっぱいで録画ができないなどの原因があります。

64GBのSDカードの使う場合、最高画質のフルHDでも約3時間半くらいは撮れるので、それほど困らないとは思います。

古い動画は削除するか定期的にパソコンに移すなど心掛けましょう!

 

撮影した動画は、「モード変更」ボタンを押すと確認することが出来ます。

「メニュー」で編集編集(不要部分のカット)削除などが簡単に行えます。操作的には迷うことがないくらいシンプルです。

 

Switchでゲーム実況するなら揃えておきたいアイテム

絶対に必要では無いけど、あった方が便利だと思うアイテムをいくつかご紹介したいと思います。

Switchスタンド

ゲーによってはSwitchのプロコンを使って遊んだ方がやりやすいものもあり、その場合Switch本体の背面にあるスタンドを立てるのですが、今回ご紹介しているSwitch専用HDMI変換アダプターを本体に直接挿すとスタンドが使えません。

そこで、変換アダプターを挿して使っても大丈夫なスタンドが役に立ちます。

安い割には作りがしっかりしてて、安定感も抜群ですし、Switchを使わない場合はスマホスタンドやタブレットスタンドとしても使えるのでおすすめです!

ヘッドセット

実況をする場合はマイクも必要ですが、マイクとヘッドホンがセットになったヘッドセットがいい感じです。

マイク付きイヤホンでも構いませんが、マイクが不安定になるので、どうせならしっかりと固定されたヘッドセットを用意した方がいいでしょう。

外付けハードディスク

ゲーム配信の場合でも、基本的には常に録画をしておき、編集で必要のない箇所をカットする形になるのですが、ついつい夢中になって長時間遊んでしまいSDカードの容量がいっぱいになる可能性もあります。

上でも書いてますが、SDカードの容量がいっぱいになると録画ボタンを押しても録画が出来ないので保存媒体の容量管理は常に考慮しなければいけません。

現在では、2TBなど大容量の外付けハードディスクも比較的安価になってますので、ひとつは持っていても良いのかもしれません!

 

パソコンでガッツリ編集するならオススメのソフト

今回ご紹介をしているゲーム配信YouTuberを目指すなら特に凝った演出などは不要です。

ですが、ほかのゲーム配信者との差別化を図りたいなどで編集にも力を入れていきたいという方はパソコンを使った動画編集ソフトのご紹介をしたいと思います。

iMovie

iMovieは、Macユーザーにはお馴染みの動画編集ソフトで、すぐに使えますし無料なので最初の一歩としては敷居が低く編集も可能かと思います。

また、ユーザー数も多いため、使い方など不明点をWEB上ですぐに探すことが出来るのも利点の一つです。

Filmora

有料の動画編集ソフトは、割と高価なものが多いのですが、Filmoraは約8,000円と安価なのと使いたいエフェクトなどを別途購入すれば初心者でも簡単に凝った映像を作ることが出来ます。

無料でお試し利用が出来ますが、無料の場合動画出力をする時にFilmoraのロゴが表示されるため、YouTubeに投稿する際には、製品購入をしましょう。

また、動画の上に動画を重ねる事ができる機能もあり、ゲーム配信YouTuberの動画でよく見るような、ゲーム画面の右端にゲームをプレイしている様子が映っているなどの演出も可能です。

顔出しをしたくない場合でも、ゲーム画面の上に手元を映した動画を重ねて一本の動画にしたり少し凝ったテロップを流すなど、このソフト一本で表現力豊かなYouTuberとしてデビューすることも可能なので、おすすめです!

 

ゲーム配信YouTuberの始め方まとめ

最初に揃えるべき機材などは必要ですが、一度整えてしまえば好きなゲームで遊びながら動画配信を行うことが出来るので、YouTuberとしてデビューをしたいと思われている方は、ゲーム実況配信も視野にいれてみてはいかがでしょうか?

ゲーム自体が無くなることはありませんし、人気のゲームが発売されたら直ぐに動画投稿をするなど後発組みでも戦える土俵がYouTubeにはあるので、ゲームが好きでYouTubeにも興味がある方は、本格的な5G時代に突入する前にデビューをしちゃいましょう!

✦ コメントを書く