美女の配信が無料で見れる「イチナナ」の秘密

ぱしふぃっくびいなす11階&12階は展望浴室・プール・ジム・カジノなど娯楽の宝庫!

豪華客船・クルーズ
豪華客船クルーズぱしふぃっくびいなす乗船記ブログ!口コミ&評判と施設徹底紹介
どうも、インターネットの皆様初めまして。ユウと申します! 突然ですが、旅行ってほと...

さていよいよ、ぱしふぃっくびいなすの施設紹介も最後となりました。

最後の11階、12階はまた凄い施設が多いですね~

11階の特徴はなんといっても真ん中に位置するプールが大きな存在感を出してます。プールを挟んで左右にデッキチェアが置いてあるので、潮風を感じ奈良が優雅なひと時を過ごすことが出来ます。プール以外にも11階と12階にはクルーズを存分に楽しめる施設が詰まっているのでご紹介します。

プール&ジャグジー

…この時のクルーズではプールが使えませんでしたぁ!

プランによっては、使える施設が限られるって事もあるので、事前に確認しておいた方が良いかもですね!

以前利用した時は、お子さんが主に利用していて保護者の方が付き添っているという感じでした。プールの大きさを見ても、ガッツリと泳ぎを楽しむというようなものでは無く、夏の暑い日に船の上でプールを楽しむという日常では滅多に体験出来ないような事を味わうためのものと言った感じでしょうか。

ただプールが使えない時でもその横に位置するジャグジーは使えるようです。程よい湯加減で入ったら気持ちよさそうでした。(誰も入ってませんでしたけど)

ジムナジウム

コードレスバイクやランニングマシンなど本格的なトレーニングマシンが9種類も準備されているジムナジウムは非常に楽しかったです。

クルーズともなると、あまり運動をせず食事やカフェなどしてしまいがちで運動をする機会が中々ないので、このようなジムで体を動かすのもリフレッシュされて非常に気分が良くなります。

ジムと聞くと本格的にしないとダメなんじゃないの?

このような感想をお持ちになる方もいるとは思いますが、そんな事はなく気軽に足を運んで簡単な運動をしていく方も多いので、わざわざジムに行く本格的な恰好を準備する必要もなく10分程度軽く運動するというような使い方で大丈夫なんです。

どうしても運動不足になって、下船後に体重を測ると

いやああああああ!

となってしまわないように、11階にあるジムナジウムで適度な運動をしてみてはいかがでしょうか?

展望浴室(大浴場)

各客室にもシャワールームがありますが、ゆっくりとお湯に浸かってお風呂に入りたいと思う方は、11階にある展望浴室を利用出来ます。もちろん利用は無料です。

大きさ的にはそこまで広くはありませんが、大体15人ほどは利用が出来るスペースはあります。大体夜に利用する方が多いと思いますが、窓の外を見ても当然海の姿は真っ暗なので海を見ながら優雅なバスタイムを楽しむって事は期待できません(笑)

それでも、部屋の小さなシャワールームを利用するより大きな浴場で一日の汗を流した方が気持ちが良いので、併設しているスチームサウナと一緒に是非一度利用してみてはいかがでしょうか。

オブザベーションラウンジ

昼間は講演会の会場として利用される事がありますが、メインはやはり夜となり、オブザベーションラウンジ(グラン・シャリオ Grant Chariot)でバータイムを楽しむ事ができます。

ちなみに操舵室よりも上に位置しているため、大海原の景色見ながら優雅な時間を過ごすには特等席となります。

びいなすサロン

女性のお客さんには喜ばれるエステやネイルケア、ボディセラピーが集まった癒しの空間となるびいなすサロン。専用のバルコニーが準備されていたり、かなり本格的な施設なので、正に船上の極楽と言って良いと思います。

ただし、ご利用は有料となるので乗船後に予約を取る様にしましょう。

12階 トップラウンジ

ルーレットやブラックジャックが楽しめるトップラウンジ(サテライト Satellite)では、綺麗なお姉さんと楽しく遊ぶことが出来ます。

施設内の雰囲気も非常によくて、本格的なゲームを楽しむことが出来ますし、初心者でも遊び方を丁寧に教えてくれるので、乗船を機械に遊んでみるのも良いかと思います。

獲得したチップって現金とか景品に変えられるの?

いえ、ぱしふぃっくびいなすは日本船籍なので、それらは禁止されてます!もちろん、次のクルーズの時に使う事も出来ますよ。

11階と12階には、娯楽の宝庫とも言える施設が多くあるので、船内での優雅なひと時とはまた少し違ったクルーズの楽しみ方が出来るのではないでしょうか?

5階から12階までの主な施設を紹介してきましたが、ぱしふぃっくびいなすは日本籍船なので非常にサービスが行き届いてますし、乗船後も不自由な思いをした事はありません。

ぱしふぃっくびいなすのコンセプトである「フレンドシップ」にもある通り、乗組員はとてもフレンドリーですし「また乗りたい!」と言う方が多く一度クルーズを味わってしまうとリピーターになる方が多いのも頷けます!

飽きさせないイベントや、日本人の舌にあった食事なども人気の秘訣なので、日常から完全に解放され至れり尽くせりを味わいたいと思う方はぜひ、ぱしふぃっくびいなすを含めたクルーズを体験してみてくださいね!

✦ コメントを書く