美女の配信が無料で見れる「イチナナ」の秘密

COMSAに追い風!大手ベンチャーキャピタルがCOMSAのトークンに投資か

仮想通貨

徐々に盛り上がってまいりました!

日本初のICOプラットフォームとして発表されたCOMSAに追い風となるニュースが発表されました。

ベンチャーキャピタル(VC)など3社が、仮想通貨を使った新しい資金調達法への投資を始める。投資総額は計20億~30億円になる見通し。IT(情報技術)と金融を組み合わせた「フィンテック」は金融の形を大きく変える可能性があり、新しい資金供給手法として注目を集めそうだ。

3社はディー・エヌ・エー(DeNA)などの新興企業を発掘したことなどで知られる日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(NTVP、東京・世田谷)、IoT(モノのインターネット)分野に強いABBALab(東京・港)と金融情報会社のフィスコ。

ベンチャー企業などが仮想通貨を発行して資金を調達する「新規仮想通貨公開(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)」を3社が引き受け、仮想通貨やトークン(代替通貨)を購入する見返りに資金を供給する。投資の第1弾として仮想通貨取引所大手のテックビューロ(大阪市)が今秋の発行を目指すトークンなどが候補に上がっている。

引用元:VCなど3社、仮想通貨使う資金調達に投資/日本経済新聞

記事内にある投資の第一弾として候補に挙がっているテックビューロと言うのがCOMSAとなります。投資総額が計20億~30億との事なので、第一弾として候補に挙がっているCOMSAには数億円規模の投資が行われる可能性が出てきました。

大規模な話しになっていますが、それだけCOMSAに対する期待が大きい現れでしょう。

これを皮切りに、もっと仮想通貨業界が活発になってくることが予想されますし、COMSAで利用できるXEMなどの仮想通貨の価値も今後上がってくるかもしれません!

僕は、将来性も見越して取りあえず財布に眠ったままの一万円分のXEMを購入してみました。

関連:仮想通貨ネム(NEM/XEM)の将来性を見越して眠っている1万円で購入してみた

テックビューロCEOの朝山さんも、以下のようにツイートしていました。

盛り上がりを見せているCOMSAですが、トークンの販売は10月2日とまだ先。ただ事前登録は受け付けているため、まだの方は先に登録を済ませておきましょう。

COMSAトークンセールに事前登録する

これから盛り上がるICOへの投資

ベンチャーキャピタルの投資第一弾の候補としてはCOMSAのトークンが挙げられてますが、その後もCOMSA上で行われるICOへの投資の可能性もあります。仮想通貨業界が更に大きな盛り上がりを見せてくるのは間違いないと思うので、ビットコインやXEMなどの価値も上がってくるかも!

これを機に仮想通貨始めてみようかなと思われる方は、「coincheck」や「bitFlyer」などの仮想通貨取引所に登録して購入しておきましょう!

ただICOの盛り上がりに便乗して怪しい詐欺コインも多いので、事前に調べておく必要はあります。もちろん自己責任ですが、上記の2サイトで購入できるビットコイン・アルトコインから始めてみましょう!

仮想通貨はじめました

ICOプラットフォームCOMSAの事前登録開始と仮想通貨デビューしてみた

✦ コメントを書く