美女の配信が無料で見れる「イチナナ」の秘密

めっちゃ今さらながらホリエモンの多動力を読んでみた感想は、結局最後の4行が全てだった

レビュー

数々の売れ筋ランキング1位を記録したホリエモンこと堀江貴文氏の著書「多動力」を今さらながら読んでみたんです…今さら。

なぜ今さらなのかと言うと、気にはなってたんですが

  • 凄い人生観が変わりました!
  • 多動力を読んで仕事辞める決意が出来ました!
  • まさに本当にその通りで目から鱗でした!

と言うようなレビューや感想を見る度に、こう思っちゃうんですよね…

いや、本当にそう思ってんのかな…本読んでテンション上がって、ちょっとその気になったけど、どうせ明日からもいつも通りなんでしょ?

で、ちょっと読む気が失せてたんですが、少し時間が経って「それでも読んでみたい…気になる。」と思ったので、今回はKindleではなく書籍を手に取り読んでみました。

自分の価値は一万倍になっているかどうか

「寿司屋の修行なんて意味はない」という事は、以前ツイッターでホリエモンが発言し炎上していたのを知っていたのですが、その時は「あ~また炎上してるのかぁ」程度だったのですが、こうして書籍の中で発言の本質を改めて見てみると、確かに情報が溢れている今の時代に、何年も掛けて修行をするのは意味がないのは、その通りだと思いますね。

古き良き日本のなんちゃらとか美談にするのも、なんか時代遅れ丸出しですし。

それよりも、凄くホーホーと感じたのが、「あなたの代わりがいる限り、あなたの価値は上がらない」と言う言葉。

少し引用すると

一つのことに1万時間取り組めば誰でも「100人に1人」の人材にはなれる。

ここで軸足を変えて、別の分野に1万時間取り組めば「100人に1人」×「100人に1人」の掛け算により、「1万人に1人」の人材になれる。

さらに飽き足らずまったく別の分野にもう1万時間取り組めば、「100人に1人」×「100人に1人」×「100人に1人」=「100万人に1人」の人材が誕生する。ここまですれば、あなたの価値と給料は驚くほど上がる。

確かに、一つの会社という狭い範囲で見ても、例えば「デザイナー」「マーケター」「ライター」という一つに特化している人よりも、「デザインも出来るしマーケティングも出来るし、更にライティングまで出来る人」の方が遥かにその価値の高さは明らかで、評価も給料も抜群に高い。

「その人の代わり」がいないので、価値が上がるのは当然だけど中々そういう人っていないんですよね。

と言うか、そこまで自分の価値を高めようと意識して仕事をしている人って凄く希少な存在な気がします。

100人に1人の人材よりも、100万人に1人の人材の方が転職に有利なのは間違いないし、そこまで価値を高める事ができたら仕事なんて選び放題です。

嫌な仕事も断る事が出来るし、それでも「あなたの代わり」はいないから価値が下がるわけでも無い。

こういう言葉を読んで、多くの人はこう考えるはず。

じゃあ、自分は「100万人に1人」の人材になれるのか…

結局、こうして自分の頭の中で考えてしまっている内は何も変われていないし、「多動力」を読んで影響を受けたつもりでいるだけなんですよね。

本当に変われる人なら、書籍の中にある『やってみよう!リスト』を本当にチェックし、自分が1万時間取り組んで肩書として誇れるものが何かを考えて、行動をするんです。いま二つ他人よりも誇れる肩書を持っていれば、もう一つ取り組めるものを探すために動くはず。これが多動力という事では無いでしょうか?

動く前に考えてしまって結局動かない…この多動力を読んでも、そういう人は大量にいると思います。

「多動力」は結局最後の4行が全てだった

僕は漫画は結構読むんですが、このような文字だらけの書籍は普段あまり読みません。ただ、この「多動力」はスラスラと読みやすく約1時間半くらいで読み終えたんですが、「おわりに」の最後に書かれていた締めの4行が多動力の全てだと思います。

以下、引用します。

重要なことは、Just do it. Just do it.

ただ実践することだ。失敗して転んでも、また実践する。膝がすり傷だらけになっても、子供のように毎日を夢中で過ごす。

あれこれ考えるヒマがあったら、今すぐ、やってみよう!

失敗したらどうしようとか、周りにどんな風に思われるのかとか、考えても意味がないし、他人は他人のことなんてすぐに忘れてしまうのだから、自分が夢中になれることに一生懸命時間を使って実践すれば良いんですよね。

これって子供の頃には普通に出来ていた事だと思いますが、大人になるにつれ人と違うことを恐れ平均点が取れればいいという考え方に落ち着いてしまう。

自分が親になり、子供に向き合う自分を客観的に見ても、人と違うことに焦って方向を正そうとしているのかもしれません。

確実に時代はどんどん変わっているのに、考え方だけが固定されていないか…考えるよりも先に、やってみよう!

関係ないけど「君の名は。」のハリウッド映画化が的中

多動力の中で「君の名は。」がヒットしたワケについて言及されていたのですが、その中で「今後ハリウッドでの実写化もありうるかもしれない。」と書かれていたのですが、9月28日に本当にハリウッド実写化が決定と報じられました。

いやー…凄い(笑)

まだ多動力を読んでいない方は、Kindle版でも読めます。

Kindle持ってないよ~って方、本当にオススメなので一台は持っておきましょう。

関連:漫画が好きなら「Kindle paperwhite マンガモデル」を使うしかない10個の理由と半年使ってみた感想

✦ コメントを書く