Amazonギフト券が超お得なキャンペーン中

スマホ決済アプリで手間取らずに支払いをする裏技に一同驚愕、使い勝手の良さに涙が止まらない

お金

コンビニや飲食店などで気軽に使えるようになってきたスマホ決済アプリですが、みなさん活用されてますでしょうか?

レジで財布から小銭を出す必要なく携帯ひとつでスマートに買い物ができるのもスマホ決済のメリットのひとつですが、意外と焦って手間取ったりすることも…

今回は、少しでもレジ前で焦らずスマートにスマホ決済ができる簡単な裏技をご紹介したいと思います!


iPhoneの3D Touchでスマホ決済アプリの起動をよりスマートに

今回ご紹介するテクニックは、iPhone6sから搭載された「3D Touch」を活用した方法となりますので、6s以前のiPhoneを使っている方やAndroid端末の場合は使えないのを最初にお伝えしておきます…

iPhoneには、画面を強く押し込むことで操作が可能な「3D Touch」機能というものが備わっています。

スマホ決済アプリの中には、この3D Touchを活用すれば、レジ前で焦って手間取ることなく簡単に支払いが可能となるため、知っておくと便利です。

まずは、LINE Payを例にしてみます。

ホーム画面にあるLINEのアイコンを、強く押し込みます。中途半端に押し込むとアプリの移動や削除機能が働くので、強めに押し込むのがコツです。

3D Touch機能が反応すると、画像のようにLINEアイコンの下にメニューが表示されます。

コード支払いやQRコードリーダーという項目が現れますので、支払いたい方法をタップして選択するとLINEが起動して直接支払い画面が表示されるようになります。

LINE Payの場合はわざわざLINEを起動して…というひと手間があったので、アイコン長押しで簡単に支払い画面まで進むので、これだけでもスマートになるはずです。

 

LINE Pay - 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ

LINE Pay – 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ

posted withアプリーチ

以前はLINE Payを使う場合、LINEを起動してからLINE Payを使う…という方法しかありませんでしたが、現在はLINE Pay専用アプリが登場していますので、ご自身にあった使い方をお試しください!

 

3D Touchに対応しているスマホ決済アプリは?

LINE Payでは、このように3D Touch機能を活用することで今までよりスマートに支払いが可能となりましたが、その他のスマホ決済アプリではどれが3D Touchに対応しているか確認してみました。

PayPayは3D Touch対応済み

先日、割り勘機能が追加されたPayPayアプリを強く押し込むとこのようにスキャン支払い、バーコード支払いとも表示されています。

楽天ペイは3D Touch未対応

使い勝手のよい楽天ペイですが、こちらは3D Touchには未対応のようで、共有しか表示されません。

d払いは3D Touch未対応

d払いもこのように共有のみしか表示されないため、3D Touchには未対応となっています。

Origami Payは3D Touch対応済み

Origami Payは一番わかりやすくアイコン付きで表示されているので3D Touchへの対応が一番進んでいる印象ですね。

メルペイは3D Touch未対応

メルカリ内にあるスマホ決済メルペイも、コード払いに対応しているので確認してみましたが、こちらも共有のみとなっているため3D Touchには未対応です。

メルペイはiDでの支払いが可能なので、ApplePayとして使うケースの方が多いと思いますが、選択肢としては3D Touchに対応してもらいたいところです。

 

スマホ決済アプリで手間取らない裏技まとめ

今回ご紹介した3D Touchを使ったスマホ決済アプリでスマートに支払いをする方法ですが、特にLINE Payを利用されているかたでLINE Pay専用アプリを使っていない場合は割と便利かと思います。

PayPayなど専用アプリが最初からある場合はそれほど短縮にはなりませんが、知っておくとちょっと便利なので、iPhone6s以上の端末を使われているかたは是非チェックしてみてください!

2019年に利用したいおすすめのスマホ決済アプリ情報はこちら

おすすめのスマホ決済アプリを徹底比較!2019年最新のキャンペーン情報も
2018年12月4日、Yahooとソフトバンクが手掛けるスマホ決済アプリ「PayPay」が展開した前代未聞の100億円あ...

✦ コメントを書く