Amazonギフト券が超お得なキャンペーン中

PayPay残高を効果的に使う方法とチャージ可能なYahoo! JAPANカードのすすめ

お金

12月に実施されたPayPayの100億円あげちゃうキャンペーンを利用し、決済額の20%還元を受けられた方に、2019年1月8日から10日に掛けてボーナスポイントとしてPayPay残高が付与されていると思います。

ビックカメラなどでは、このタイミングに合わせて独自の還元キャンペーンを実施したりする動きが活発となっており100億円争奪戦が始まっていますが、PayPay残高について理解をされていますでしょうか?

まず知って頂きたいのは、PayPayでは決済に使用する優先順位があり、PayPay残高から優先して支払いが行われます。

その為、今回付与されたPayPay残高を使って支払いをされる方も多いと思いますが、注意しなければいけない点があります。

今回は、そんなPayPay残高の利用について掘り下げてみたいと思います!

おすすめのスマホ決済アプリを徹底比較!2019年最新のキャンペーン情報も
2018年12月4日、Yahooとソフトバンクが手掛けるスマホ決済アプリ「PayPay」が展開した前代未聞の100億円あ...

PayPay残高から支払われるルール

先ほどご説明した優先順位、まずはPayPay残高から支払いが優先される点ですが、例えば12月にPayPayを使って決済した分のPayPayボーナスポイントが50,000円還元されたとします。

この残高を使って支払いをする訳ですが、二つのケースが考えられます。

決済額がPayPay残高より低い場合

仮に、PayPay残高が50,000円あって、購入しようとしている商品が48,000円の場合、普通にPayPay残高から支払われます。

2,000円分のPayPay残高が残り、現在なら48,000円分の0.5%である240円分のPayPayボーナスポイントが新たに翌月10日頃に還元される形となります。

【注意】決済額がPayPay残高より高い場合

注意しなければいけないのは、PayPay残高より買い物しようとしている金額が高い場合です。

50,000円分のPayPay残高があったとして、60,000円の商品をPayPayを使って決済する場合、PayPay残高が足りない為、登録してあるクレジットカードで60,000円の決済がされてしまいます。【追記】1月28日に行われたアプリアップデートバージョン1.8.0により、ここの仕様が変わりました。

【バージョン1.7.0以前】

PayPay残高が決済金額より不足している場合、自動的にYahoo!マネー、クレジットカードの順番で決済がされていた。

【バージョン1.8.0以降】

PayPay残高が決済金額より不足している場合、PayPay残高をチャージするか、その他の支払い方法を選択するかを選ぶ画面に遷移し、自動的に決済がされることはなくなりました。

 

PayPay残高を上手に活用する方法

このように、PayPay残高と購入する予定の決済金額の関係を把握していない場合は、思わぬトラブルに遭遇する危険性もあるので、まずは自分のアカウントのPayPay残高がいくらなのかをしっかりと確認するように心掛けましょう!

その上で、PayPay残高を上手に活用する方法として以下をご提案します。

次のPayPayキャンペーンまで保有しておく

100億円あげちゃうキャンペーン後、PayPayではクレジット不正利用やセキュリティ面での課題が見つかるという状況ではありましたが、今回のボーナスポイント付与がひと段落すれば、キャンペーン第二弾を実施する可能性もあります。

現在は、通常の還元率である0.5%ですが、キャンペーンとなるとある程度の上限額はあるにせよ再度20%還元という期待も出来ます。前回のキャンペーンでも同様ですが、PayPay残高を使って支払いをしてもキャンペーンの対象となりました。

恐らく今後発表されるキャンペーン第二弾でも、PayPay残高での決済についても対象となるはずなので、その際に今回付与されたボーナスポイントを使ってお買い物をすれば、また新たに高い還元率で残高を増やすことも可能です。

そのため、今回ボーナスポイントを付与され増えたPayPay残高を次回のキャンペーンまで使わずに保有しておくという選択肢もあるでしょう。

PayPay残高を必要分チャージして使用する

50,000円のPayPay残高に対して、60,000円のお買い物をする場合、PayPay残高から支払われるのではなく、全額がクレジットカードで決済されるため、うっかりしていると思わぬ余計な出費となります。

↑アプリバージョンアップにより、この仕様は改善されました!

そうはならなくても、どうしても52,000円の商品を買いたいけどPayPay残高を利用したい!と思うケースもあるはずです。

そういう時は、PayPay残高を2,000円分チャージして52,000円にすることで、全てPayPay残高で決済をすることが可能となるのです。

ただし、PayPay残高にチャージできるクレジットカードは、Yahoo! JAPANカードのみとなりますが、実はチャージをするメリットって非常に大きいのです。

 

PayPay残高をチャージするメリット

必要な分だけ利用をすることができる

先ほどの記載しましたが、PayPay残高よりも高い金額の買い物をしたい場合、その必要な差額分だけをチャージすることでPayPay残高を有効的に使用することが出来ます。

また、例えば毎月10,000円のPayPay残高をチャージするなど決めておけば、PayPayを使った決済でも使い過ぎずに管理することが出来ますよね。

制限の掛からないPayPay残高での決済がスムーズになる

PayPayではクレジット不正利用対策として、以下の対応を一時的に発表しています。

「クレジットカードでの決済金額上限」「Yahoo! JAPANカードからのチャージ金額上限」共に、過去24時間で2万円、過去30日で5万円とする

つまり、PayPayで買い物をしたりPayPay残高をチャージする際に、24時間もしくは30日間での制限が設けられたのですが、PayPay残高での決済に関しては制限はありません。

そのため、一ヶ月(30日間)ごとに5万円をYahoo! JAPANカードを使ってPayPay残高にチャージをすれば、利用制限に引っ掛かることなくスムーズに決済が可能になるということです。

ただ、不正対策が完了するまでの一時的な制限である可能性はあるのと、いつまでこの制限が設けられるのかは不明です。

残高のチャージできるクレジットカードは、Yahoo! JAPANカードのみ

PayPay残高にチャージをする方法は、Yahoo!ウォレットの預金払い用口座に登録されている金融機関口座」もしくは「Yahoo! JAPANカード」のみで、ポイント還元のつくクレジットカードが断然お得です。

入会&利用をすれば、年会費永年無料で最大10,000円相当の期間固定Tポイントが貰えるし、何よりPayPay残高へのチャージができる唯一のクレジットカードなので持っておくメリットは十分にあります。

【入会特典】入会後すぐに4,000ポイントが付与されます。
【利用特典】届いたカードで申込月を含む2カ月目の末日までに1回ごとに2,000ポイント、最大3回まで(6,000ポイント)が付与されます。

 

詳細は公式サイトにてご確認を!

Yahoo! JAPANカード公式

PayPay残高を効果的に使う方法まとめ

ビックカメラなど、大手家電量販店ではPayPayのボーナスポイント付与日となる1月10日に合わせるように独自のポイントがお得になるキャンペーンを実施したりと、100億円争奪戦が繰り広げられていますが、せっかく貰ったPayPay残高なので、ここまで説明させて頂いた内容を参考に最大限に活用してみてください。

個人的には、次のPayPayキャンペーンまで保有しておくか、足りない分をYahoo! JAPANカードでチャージしてから利用する方法をおすすめします!

当サイトでは、PayPayを始めとしたスマホ決済アプリにおいて2019年におすすめしたいアプリをご紹介していますので、参考までにご覧頂ければと思います。

おすすめのスマホ決済アプリを徹底比較!2019年最新のキャンペーン情報も
2018年12月4日、Yahooとソフトバンクが手掛けるスマホ決済アプリ「PayPay」が展開した前代未聞の100億円あ...

✦ コメントを書く