Amazonギフト券が超お得なキャンペーン中

【PayPay】ペイペイのクレジットカードの不正利用と送金時におけるセキュリティの問題点

お金

2018年12月4日から始まったPayPayの100億円あげちゃうキャンペーンにより、多くの方がスマホ決済のメリットや利便性などに触れることが出来た一方で、PayPayを巡る問題点も浮き彫りとなりました。

一つは大々的に報じられている「クレジットカードの不正利用」と、「PayPayユーザー間同士の送金時におけるセキュリティの甘さ」です。

今回は注意喚起として、この二点を掘り下げたいと思います。


キャンペーン終了後に徐々に広がっていったクレジットカード不正利用の報告

PayPayの100億円あげちゃうキャンペーンは、12月13日に予定を大きく前倒しして100億円到達の結果終了となりました。

しかし、11日頃から身に覚えのない「PayPay決済」がクレジットカード会社から連絡を受けたという声が上がり始めました。

以下が実際にツイッター上にて確認ができたクレジットカード不正利用の報告です。

 

原因はクレジットカードの登録方法

実は、PayPayに登録のできるクレジットカード情報は非常に簡易的であり、自分名義のカードで無くても容易に登録が出来てしまいます。

更に一番大きな問題点として、クレジットカード裏面に表示されているセキュリティコードを何度間違えてもロックされず、総当たりで登録が出来てしまうという極めて危険な状態です。

本来であれば、セキュリティコードを3回間違えれば、アカウントをロックするなどの処置が必要でした。

不正利用をされる対象は、全クレジットカードユーザー

今回のクレジットカード不正利用被害において、より問題を大きくしている点は、このPayPayのアプリ仕様により、クレジットカードの不正利用をされるのは何もPayPayユーザーだけではありません。

全てのクレジットカードを総当たりで登録出来ることから、PayPayを使ったことのない方でも被害に遭う可能性があるという事です。

かなり厄介な事になっていますが、まずクレジットカードを持っている方は、身に覚えのないクレジット決済がされていないか定期的に確認してください。

万が一、不正利用をされても不正利用と判断されカード会社から補償を受けることが出来る可能性は大きいです。

現在は、PayPayによる対策中

PayPay公式は、今回の不正利用問題を受け、「セキュリティコードのリトライ上限がない事を認め、速やかに対処する」と述べています。

今後は、クレジットカードの登録情報を一定回数間違えた場合は、アカウントロックが掛かるなどの処置が施されるようになる見込みです。

 

PayPayの送金機能も危ない!

PayPayと言えば買い物を行った際、料金の20%が還元されるキャンペーンにより、スマホ決済として大きな注目を浴びましたが、実は「友達に送金する」という機能もあります。

この送金機能、相手の携帯電話番号さえ分かれば自分のPayPayアカウントの残高内から簡単に送金が出来てしまいます。

PayPayを使った送金方法

PayPayでは、「友達に送金する」機能を使えば、携帯電話の番号だけで送金が可能となります。手順は以下をご覧ください。

尚、PayPayの送金機能は、お互いがPayPayユーザーである事が条件となります。

 

画面下部にある「スキャン支払い」をタップします。

 

「友達に送金する」をタップします。

 

送金をしたい相手の携帯番号を入力する。
この時点で、相手がPayPayのアカウントを持っていなければ、送金することは出来ません。

 

送金したい金額を入力して、送金を行う。

 

このフローを見てお気付きの方もいると思いますが、相手への確認やパスワードの入力などは一切ありません。

面倒なやり取りなく簡単に送金が出来ると言えば、メリットのように聞こえますが、やはり送金前に双方の確認を取らないままで送金が出来てしまうのは、やや危険ではないでしょうか?

例えばスマホを落としてしまった場合、自分の落ち度ではありますが、悪意を持った第三者がPayPayにてクレジットでチャージをし、そのまま送金をしてしまうなども考えられます。

この一連の流れの中で、送金前にパスワード設定が入っていれば防げる被害と思いませんか?

容易にスマホ決済が出来るからこそ、このあたりのセキュリティ面は非常に厳しいものにしないといけません。

  • 送金前にパスワード確認の有無を選択できる
  • PayPayアプリ起動時にパスコードなどのロックを選択できる

PayPayは、お金を扱うアプリなので、最低限これくらいの機能がないと、やはり心配かなと思います。

 

PayPay(ペイペイ)問題点まとめ

今回、PayPayを巡る問題点は大きく分けて2つあります。

クレジットのセキュリティコードが何度でも無限に総当たり状態で入力できてしまうため、PayPayを使っている、使っていないに関わらずクレジットカードをもつ全員の方が不正利用の被害に遭う危険性があることが一つめ。

そして、PayPayユーザー間同士で送金出来る機能においても、送金前にパスワードなどの確認が入らないためセキュリティの面で非常に不安が残る仕様であることが二つめ。

 

100億円あげちゃうキャンペーンにより、短期間で多くのユーザーを取り込むことに成功したPayPayですが、このようにユーザーに対して不安や不信感を募らせる結果になってしまった事は非常に残念ではあります。

とは言え、世界的に見てもキャッシュレス化が進み、日本も間違いなくその道を進もうとしています。今回の問題点は近いうちに必ず修正され、セキュリティ面も強化され、また日本中があっと驚くキャンペーンを実施してくれることを信じたいと思います!

私たちユーザーは、「これだからスマホ決済って怪しいんだよなぁ」と思うのではなく、PayPayが見せてくれたスマホを使った買い物の手軽さやお得さなどに興味関心を持ち、これからもスマホ決済業界が発展していくように利用すること。

PayPayによる20%還元の100億円あげちゃうキャンペーンや、LINE Payが展開している100億円(20%還元)キャンペーンなど、ワクワクする企画はこれからもどんどん出てくるはずなので、気になるスマホ決済サービスをぜひ使ってみてください!

おすすめのスマホ決済アプリを徹底比較!2019年最新のキャンペーン情報も
2018年12月4日、Yahooとソフトバンクが手掛けるスマホ決済アプリ「PayPay」が展開した前代未聞の100億円あ...

✦ コメントを書く