Amazonギフト券が超お得なキャンペーン中

【PayPay】3Dセキュアって何?不正対策と不正利用された場合の全額補償を発表!

お金

2018年12月に100億円あげちゃうキャンペーンで日本中から注目を浴びたスマホ決済アプリのPayPayですが、その後「身に覚えの無いクレジット決済がされている」という声が上がっていました。

問題となったのは、PayPayにクレジットカード情報を東麓する際にセキュリティコード(クレジットカード裏面の3桁の番号)を何回入力してもロックがかからない仕様だった事から。

その後はセキュリティコード入力回数の制限を設ける対応をしたものの、今回新たに不正利用の防止対策としてPayPayは3Dセキュアの対応を2019年1月から実施すると発表。

今回は、3Dセキュアや不正利用に関するPayPayの補填について掘り下げたいと思います。


PayPayのクレジット不正利用対策

PayPayを通して、身に覚えの無いクレジット利用がされているという問題が発覚後、2018年12月18日にセキュリティコードを含むクレジットカード情報の入力回数に制限を掛けるアップデートを行いました。

大きな問題となった今回の不正利用ですが、PayPayが行った調査によると、PayPayサービス開始以来、セキュリティコードを20回以上間違い続けその後に登録に至った件数は13件であり、その内の9件は実際にカードを所持している本人によるものだと判明。

結果的に、セキュリティコードを総当たりで入力し続けてクレジットを不正利用した件数は4件という事でした。

その為、恐らくは悪意を持った第三者がPayPay以外で不正に入手したクレジットカード情報を使ってPayPayを利用した可能性が高いという結論に至り、より対策を強化すべく3Dセキュアの対応を決定したとの事です。

3Dセキュアとは?

VISAやJCBが推奨している本人認証サービスで「ネットショッピング認証サービス」や「オンラインショッピング本人認証サービス」などの名称で扱われています。

クレジットカードを使って買い物をする場合、クレジット情報だけではなく、事前にクレジット会社で登録をしたパスワード(またはワンタイムパスワード)を入力することにより、そのクレジットカードは本人のものであるという証明が出来ます。

これをしない場合、悪意を持った第三者が不正に入手したクレジットカード情報を使ってオンラインで買い物が出来てしまうため、不正対策としては安心出来そうです。

今後は3Dセキュアの有無で利用上限金額が異なる

PayPayの公式サイトを見ると、この3Dセキュア対応後に、ユーザーの対応有無によってPayPayで利用できる上限額が異なるようにするとの説明があります。

現在、PayPayでは不正対策を行うまでの一時的な対策として30日間のPayPay利用上限額を5万円までとしています。

 

恐らく、3Dセキュア対応後は以下のようになるはずです。

  • 3Dセキュア有:上限25万円
  • 3Dセキュア無:上限5万円

最初は少し面倒になりますが、不正利用をされる恐れが無くなることや、利用できる上限額が撤廃されるメリットもあるので、PayPayによる正式対応が発表されたら早めに対応をしておきましょう!

設定の方法は以下の記事で詳細に説明していますのでご覧ください!

PayPayのクレジット上限金額を25万円まで引き上げる本人認証のやり方
2018年末に日本中を巻き込んだスマホ決済アプリ「PayPay」の100億円あげちゃうキャンペーンにより、スマホ決済は非...

Kyashは3Dセキュア未対応…

PayPay祭りでも大活躍をしたプリペイド式のkyashはリアルカードだと2%の還元が付くなど重宝されましたが、残念ながらkyashは3Dセキュアに未対応のためPayPayで引き続き使う場合は、利用上限5万円までという制限がつくようになります。

とは言え、5万円未満の場合は2%還元の恩恵を受けられるので影響があるのは5万円を超えるお買い物をPayPayでする方になります。

 

PayPay経由の不正利用は全額負担してくれる

今回の不正対策と同時に、PayPayを使って不正に決済された身に覚えの無いカード利用は、カード会社による不正利用の疑いが確認された場合、全額を返金すると発表しました。

これは、PayPayユーザーだけではなく、PayPayを一切知らない方が被害に遭った場合も同様です。

身に覚えのない決済は速やかに対応しよう

セキュリティコードの回数制限がなかったことから、不正利用のターゲットにされていたPayPayですが、3Dセキュアの対応などようやくセキュリティ面での整備が整った気がします(遅いですが…笑)

不正利用をされた場合の補填に関しても、PayPayが全額返金をするようなので、安心ではありますが、PayPayに限らず大事なのは不正に利用されていないかを定期的にチェックする事です。

クレジットカードを使って、身に覚えの無い決済がされていないか確認を行い、万が一されていると発覚した場合は速やかにクレジット会社に連絡を行うよう心掛けましょう!

このような不正利用などの報道みると、やっぱり現金が良いよなと思われる方もいるかもされませんが、対策をきちんとしていれば問題ありません。

スマホ決済は、手軽で非常にお得なものが多いので、毛嫌いせずに使ってみることをおすすめします。以下は2019年におすすめしたいスマホ決済アプリをまとめているので、是非ご覧ください!

おすすめのスマホ決済アプリを徹底比較!2019年最新のキャンペーン情報も
2018年12月4日、Yahooとソフトバンクが手掛けるスマホ決済アプリ「PayPay」が展開した前代未聞の100億円あ...

✦ コメントを書く