美女の配信が無料で見れる「イチナナ」の秘密

漫画家でも書店員でもない僕がオススメする漫画5選

レビュー

良い漫画に出会うと誰かにオススメしたくなりますよねー

巷には、溢れるオススメの漫画100選とかありますが、「本屋店員が選ぶ」とか「漫画家が選ぶ」とか、それっぽい肩書きの人がオススメしてる漫画だと絶対めっちゃ面白いよねって感じがすると思います。

そこで、それなりに漫画を読んでいる書店員でも漫画家でもない普通の僕が本当に面白かった漫画5選を今日は発表したいと思います!

ええ…読む価値薄ぅー

そうは言っても、漫画100選とか最後まで読むの面倒じゃないですか。どうせ読まれるのは最初と最後くらいだから、5選くらいがちょうど良い長さなんですよ。(SEO目的で書いてる人も多そうですが…)

それでは早速、サクッと発表していきましょう!

第5位 MONSTER

ご存知、浦沢直樹さんのヒット作。単行本18冊で2000万部を売り上げたミステリー漫画「MONSTER」が第5位です。連載をしてから20年以上も経っているとは思えないほど、今読んでも古さなんて感じさせない世界観がありますね。

これまで本格的なミステリー漫画を読んだことがなかったんですが、MONSTERを読む前に、「20世紀少年」を読んで浦沢作品に惹かれ、MONSTERも手に取りましたが大当たりでした。

もう何周も読み終えましたが、これを機にまた読み返したいと思います(笑)

第4位 ROUTE END

ジャンプ+で連載中、中川海二さんの「ROUTE END」が第4位。

特殊清掃員である主人公と、その周りで繰り広げられる猟奇的殺人事件。テーマ自体は、よくあるように思えますが、この漫画の凄いところは、それぞれの登場人物の表情や空気感に重みがあり、ただの有り触れたミステリー漫画では無いところです。

漫画を読んでいる気がせず、生々しい映画を見ているような感覚になれるので、重厚なミステリー漫画読みたい方はオススメです。ただ、内容の描写がキツイ部分があるので、その辺りが苦手な方は辛いと思います。

第3位 おやすみプンプン

奇才、浅尾いにおさんが手掛けた「おやすみプンプン」が第3位。これまた人間のリアルな部分をこれでもかと生々しく表現する一方で主人公は奇妙なキャラクターで表現するなど、主人公は読み手の想像力で形となる新しい表現になっていると思います。

最初はコミカルなお話かな~と思っていると、徐々にドス黒い霧の中をプンプンと一緒に歩いているかのような感覚で話しが展開していくので、その辺りのプンプンの気持ちを読み取りながら物語を楽しみましょう。

現在は、「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」をビッグコミックスピリッツで連載中。こちらも中々の傑作です!

第2位 イムリ

当サイトでも紹介したことのあるイムリが堂々の第2位です。三宅乱丈(みやけらんじょう)さんが創り出した傑作中の傑作でしょう。小さめの本屋には置いている事が少なく、書店員さん分かって無いなぁ~と思いながら新刊が出たらAmazonでポチってますが、マジでもっと読む人が増えれば良いと思います。

絵柄は好き嫌い分かれると思いますが、そんな事はどうでも良いくらいの引き込まれるストーリーは、ページをめくるのが勿体なく感じるくらい濃厚なので、是非手に取って読んで貰いたい一冊です!

期待賞 血の轍

一位を発表する前に、これからの展開に期待したい漫画作品をご紹介!

それが「惡の華」など、人間の内に秘めるどろっとした表現が上手い押見修造さんの最新作「血の轍」です。

まだ1巻しか出ていないけど、そのインパクトはかなりあり、今後更に話題になることは間違いないでしょう。

今作は、「毒親」がテーマとなっており、子を想う親の感情をどこか不気味に表現しています。

特に、周りから「過保護」だとバカにされる母親がある行動をした際の子供の視点表現などは、何とも表現しにくいゾクゾクとした感情を受け取ることができます。多分その場にいたらあんな感じになるんだろうなぁと。

1巻を見終わっただけですが、今後の母親の毒親っぷりに期待!

第1位 宇宙兄弟

はい、もう紹介するのも必要ないくらい有名ですね(笑)小山宙哉さんの「宇宙兄弟」が堂々の一位です!

宇宙飛行士を夢見る兄弟が、数々の挫折な苦悩を乗り越えて二人の夢を叶えようとする物語にはクスっとさせる場面あったり、泣きそうになるくらいの場面には数々の名言が残されていたり色々と感情移入させながら読み進められる漫画ではないでしょうか。

順調そうなムッタの周りにはいつも、魂のこもったキャラが放つ力のある言葉があります。勇気の貰える数少ない漫画なので、少し滅入った時なんかは読み返したいですね…

漫画って素晴らしい!

はい、書店員でもない僕がオススメする漫画、いかがでしたでしょうか。

ミステリーあり、サスペンスあり、ファンタジーあり、感動あり、笑いありと中々ジャンルも分かれており綺麗に纏まったんじゃないでしょうか(笑)

子供の頃は、漫画ばかりを読んでいて親に怒られる事もありましたが、漫画から学ぶことって非常に多いですよね。ただ闇雲に流行ったテイストを真似た漫画も多いですが、今回紹介した5作品は間違いなく魂の籠った作品なので、是非すべて手に取って読んでみてください!

一方で漫画を手に入れすぎると置き場所に非常に困る一面もあるので、僕は基本的にAmazonの『Kindle paperwhite マンガモデル』で漫画を購入しています。特に、ちょっと興味あるなぁという程度の漫画なら、Kindleでサクッと購入してしまえば漫画の置き場所にも困りません。気になる方は、Kindleを実際に1年間使ってみた感想をご覧いただき参考にしてみてください!

✦ コメントを書く