美女の配信が無料で見れる「イチナナ」の秘密

MacBook Pro使うならmoshiのキーボードカバーがおすすめ

レビュー

先日、ブロガー御用達のMacBookProを購入したんですが、まずWindowsとの操作方法の違いに若干の戸惑いを感じてましたが、それも二日間ほどですっかり無くなり、今はMacBookやべえなってなってます(笑)

しかしMacBookProを購入して、今のところ満足はしてるんですが、唯一気に入らない点があるんですよね…

それが、キーボードの打鍵音です。

以前に使ってたSurfaceの打鍵音は、柔らかいというか全く気になることは無かったんですが、MacBookProは普通にキーボードで触ってるだけでもカチャカチャ音がします。

軽快に文章を打とうものなら気になるを通り越してるレベルだったので、色々調べてみた結果、moshiのキーボードカバーが良さそうでしたので、今回は実際に付けてみた雰囲気と打鍵音の違いについてご紹介したいと思います。


moshiのキーボードカバーを購入してみた

Amazonで3000円程で購入しましたが、キーボードカバーとしては結構高めな方です。

僕のMacBookProはタッチバーが付いていないタイプのものなので、上のタッチバー無しのキーボードカバーを購入。

中には、1000円を切っているカバーもありましたが、あまり評判が良さそうなものがなく、安かろう悪かろうで結局moshiのキーボードカバーにしました。

 

まず、キーボードカバーを付けてないMacBookProがこちら。まだ真新しいため綺麗な状態を維持してますが、先日のシンガポール旅行にも連れて行ったので、早くも海外旅行デビューをしたMacBookProさん(笑)

 

キーボードカバーを付けていないと起こる問題点

 

埃に弱く不具合が起こりやすい

僕はこれまでWindowsパソコンを使っていたため、MacBookに関してはあまり詳しくなかったのですが、色々調べているとMacBookProのバタフライキーボードは壊れやすいという声が結構ありました。

2016年モデルから、MacBookProはバタフライキーボードを採用したようなのですが、結果的に埃に弱く不具合が発生しやすくなったとの事で、埃を防ぐためのキーボードカバーは必須なんじゃないかと思われます。

 

汚れがめっちゃ目立つ

キーボードをそのまま使っていると、指の油汚れというのか、とにかくキーボードが綺麗なのでそのぶん余計に汚れが目立ちます。

もちろん、汚れ自体はキーボードカバーをしたところで、無くなるわけではありませんが、汚れが目に見えるのとそうじゃないのとでは全然違いますよね。

 

打鍵音がうるさい

当初の目的としてはこれが一番でした。とにかく、打鍵音の大きさが気になります。

カフェなどで、MacBookを広げて軽快にタイピングしている方には気持ちが良いのかもしれませんが、普通に使ってるとただ単に煩く不快です(笑)

 

問題点を全て解決してくれるのがmoshiのキーボードカバー

これらの問題点を解決してくれる頼もしい味方のご登場です。若干わかり難いですが、上の画像はすでにキーボードカバーを付けた状態のもの。触った感じはマットな感じでサラサラ。指紋や油汚れも目立ちません。

透明でカバー自体がかなり薄いため違和感なくタイピングを行うことができますが、スペースキーの左端にさりげなく「moshi」の文字が入ってますので、これが気になる方は厳しいかもしれません。

 

カバーをつける前の画像なのですが、このキーボードカバーの構造としては非常に単純で、MacBookProのキーボードに合わせて上から乗せてるだけなんですが、二本の青い線を剥がすと粘着面が出てきます。

それでMacBook側とキーボードカバーを引っ付けてるわけですね。

埃が入る隙間もありませんし、これを長く使っていけば多少よれたりなどはするかもしれませんが、中々いい感じです。

 

問題の打鍵音は軽減されたのか?

あの耳に残るカチャカチャ音や、カタカタカタカタテーーンという煩い打鍵音は、moshiのキーボードカバーを付けた事で、かなり軽減されました!

もちろん、全く聞こえないという訳ではありませんが、Surfaceを使っていた頃と同じくらいの柔らかい打鍵音に変わったので、全然満足です。

 

MacBookProのキーボードカバーはmoshiで決まり!

MacBook Pro購入後、真っ先に悩まされたキーボードの打鍵音に関しては、moshiのキーボードカバーを購入してかなりマシになりました。

暫く使い込んでみて、現在の状態からどういう変化をしていくのかは観察が必要ですが、非常に満足の出来る買い物だったかなと思います。

キーボードカバーの中では、3000円と割と高価な方ですが、打鍵音が気になってる方などは是非参考にしてみて下さい。

粘着面の付け方によっては、キーボードカバーの最下部が少し浮いた感じになるので、少しコツはいるかなとは思います。

また、このキーボードカバーは、汚れたら水洗いをすることが出来る点も良いですよね。

先述した通り、MacBookProのキーボードは、埃が原因で故障をする可能性があるため、必ずキーボードカバーを付けて使うようにしましょう!

▼タッチバーなしのタイプ

▼タッチバーありのタイプ

✦ コメントを書く