Amazonギフト券が超お得なキャンペーン中

熱中症対策にコロナの「どこでもクーラー」が持ち運べて効果的!

レビュー
ユウ-驚

いやぁ!暑い!熱すぎるっ!

今年の夏は異常なほどの暑さが日本列島を襲っていますが、その中で熱中症で倒れる方が続出しているようです…

また、直近では台風12号が過ぎた後のフェーン現象により、北陸で40℃近い猛暑が予想されるなど厳しい暑さが今後も続いていくとの報道もあります。

こういった猛暑では、部屋の中でも熱中症になってしまうということもあるようなので、この夏はクーラーが大活躍しているご家庭が多いのでは無いでしょうか?

しかし、全ての部屋にクーラーを付けられないというご家庭もあると思います。

そんな時にオススメしたいのが、スポットクーラーでもある、コロナから発売されている「どこでもクーラー」です!

どこでもクーラーで熱中症を回避しよう

当ブログでは、以前にどこでもクーラーの購入レビューをしました。その際は、お風呂上がりに扇風機ではなく冷たい風を浴びたいと言うことで購入を決めた事を記載しましたが、どこでもクーラーは部屋全体の温度を下げるのには適していないとお伝えしました。

「どこでもクーラー」というくらいなので、部屋全体を冷やしてくれるだろうと購入してしまう方もいると思いますが、この商品はエアコンとは違い、部屋全体の温度を下げるだけの能力はありません。

関連  コロナ「どこでもクーラー」の口コミ・評判/購入レビュー!お風呂上りが超快適
あくまでもスポットクーラーなので、冷風が当たる小さなエリアの温度を下げるのには適しますが、本体の後ろから温風が出るので、締め切った部屋で使うと逆に部屋の温度が上がってしまうのです。

その為、クーラーのように部屋全体の温度を下げる目的では効果の少ないどこでもクーラーですが、自分の周りの範囲内であれば快適に過ごすことが出来ます。

よくある冷風機だと、水や氷をその都度いれて冷たい風を出していますが、このどこでもクーラーは、その手間も必要なく電源を入れるとすぐに冷たい風が出てくるのは非常に満足のいくポイントだと思います。

 

部屋の換気をしつつ冷風を!

先ほど、本体の後ろから温風が出てしまうと記載しましたが、締め切った部屋だとこの温風が少々厄介なので、部屋でどこでもクーラーを使う場合は、窓を開けて換気をしつつ身の回りの温度を下げる事で快適さを保てると思います。

もしくは、付属の「排熱用ダクト」を本体に付けて部屋の外に温風を逃すという手もあります。これだと換気もせずで良いですし、温風は部屋の外に逃げるため部屋全体が涼しくなります。

付属の排熱用ダクトは約1mとそれほど長くはありませんが、あまり広い部屋でなければ十分かと思います。

部屋で熱中症にならないためには、換気をしつつ身の回りの温度を下げることが出来る「どこでもクーラー」はオススメです!

 

どこでもクーラーは、持ち運びが容易

そして、どこでもクーラーのオススメできるポイントの一つとして、本体をどこにでも持ち運ぶことができる点です。

名前の由来となっているくらいなので、この利点は大きいですね。

持ち運んでの利用だと、例えば以下のような使い方が出来ます。

  • 子供たちが遊んでいる範囲で使う
  • キッチンで料理中に使う
  • お風呂上がりの脱衣所で使う

設置場所を気にすることなく、使いたい時に使いたい場所に持っていけるので、非常に便利なスポットクーラーで、その都度、水や氷を準備せずにいつでも冷たい風が出てくるのは快適そのもの!

使用時に稼働音がありますが、気になる・ならないは個人差があるので、その点も踏まえて検討は必要かと…個人的にはそこまで気にならないレベルかと思います。

どこでも持ち運べるため、電源さえ用意が出来れば、例えばキャンプ場などの屋外に持っていけることも可能ですよね。

 

この暑さは秋まで続くという報道もありましたが、何かあってからでは遅いので、どこにでも持っていける「どこでもクーラー」を一台用意しておくだけで安心かと思います。

電気代の目安や、使用時のレビューなどはこちらの記事にてご確認ください。

関連 コロナ「どこでもクーラー」の口コミ・評判/購入レビュー!お風呂上りが超快適

値段も決して高額ではないので、暑さを乗り越えるために、どこでもクーラーを選択肢の一つとしてご検討ください!

✦ コメントを書く