美女の配信が無料で見れる「イチナナ」の秘密

確定申告(e-Tax)がスマホやパソコンから簡単に行えるID・パスワード方式が便利な予感!

調査してみた

あの面倒な作業からついに解放される時が来たのかもしれません!

国税庁は、来年2019年(平成31年)の1月から確定申告の手続きをスマートフォンから簡単に行えるようにすると発表しました。

パソコンもなく、税務署の長蛇の列に並んでいた方には朗報ではないでしょうか?

今回は、確定申告の新方式について解説していきたいと思います!


これまでの確定申告は

いままで確定申告をする場合、近くの税務署に行って書類を作成し申告をするパターンと、自宅のパソコンから電子申告(e-Tax)をするパターンの二通りで行うことが出来ました。

 

税務署に行く場合

僕が初めて確定申告をした際に税務署に行ったんですが気絶するんじゃないかと思うくらいの大混雑で、相当疲れたのを覚えています。これは、何かの罰ゲームに違いない…

どれくらい時間が掛かるか分からなかったため、仕事も休んで挑みましたが、もう二度と税務署での確定申告はしないと心に決めました。

その翌年から、e-Taxによる電子申告に切り替えました。

 

e-Taxによる電子申告の場合

それ以降は税務署での確定申告から、自宅のパソコンを使ってのe-Taxで確定申告に切り替えて数年経ちますが、慣れれば簡単な作業も一年に一度なので結構面倒なんですよね。

パソコンからの確定申告では、カードリーダーとマイナンバーカードが必要なんですが、去年はマイナンバーカードを発行していなかったため、申告できず結局パソコンでデータを作成後にプリントアウトして税務署に郵送しました。

毎年、こういう確定申告の地味な作業に酷く消耗するのですが、なんと来年からは新しい方式が導入されることとなりました。

 

新たに「ID・パスワード方式」を導入!

パソコンを使ったe-Taxにて個人が確定申告をしている割合は5割強とそこまで多くない状況に、e-Taxの利用率を上げようと国税庁はIDとパスワードを用いた新方式を2019年1月から新たに導入することが決まりました。

マイナンバーカードの普及の遅れが結構大きいみたいで、何やらカードリーダーやマイナンバーカードの普及が進むまでの暫定処置という話しですが…

 

ID・パスワード方式とは

これまでe-Taxに必要だったカードリーダーとマイナンバーカードを必要とせずにスマホやパソコンから電子申告が可能となります。

この「IDとパスワード」は、本人確認書類(運転免許証など)を税務署に持っていけば5分程度で即時発行してもらえるとの事で、翌年以降も同じID・パスワードを使えるようです。これは便利!

2018年分の確定申告は、来年2019年2月18日~3月15日に行えるため、時期が近付けば近付くほど「ID・パスワード」の発行のために税務署は混雑する事が予想されるので、早めに取得しておきましょう!

 

スマートフォン専用画面も用意される!

画像 国税庁HP

今回の措置に加えて、スマホから確定申告する場合は専用の申告画面が用意されることが分かりました。

パソコンからのe-Taxに慣れている方は、そのままパソコンで「ID・パスワード方式」で確定申告をすればいいと思いますが、パソコンを持っていない方はスマホから申告が可能です。

カードリーダーは持ってますが、まだマイナンバーカードの発行をしていない僕は、多分パソコンから「ID・パスワード方式」を利用します(笑)

 

「ID・パスワード方式」で確定申告まとめ

概要を軽く紹介しましたが、国税庁は個人のe-Tax利用率を上げるためにカードリーダーとマイナンバーカードを使わず、パソコンやスマホのみで確定申告を行える「ID・パスワード方式」を来年2019年から導入します。

初回は税務署で即時発行されるIDとパスワードの取得が必要ですが、翌年以降も使えるためそれ程の手間にはなりません。

既に、カードリーダーとマイナンバーカードを持っている方は、これまでと同様にe-Taxをした方が良いのですが、以下に該当する方は、新方式で確定申告をするのが良いかと思います!

  • カードリーダーを持ってない
  • マイナンバーカードを持っていない
  • パソコンを持っていない
  • 税務署での確定申告にうんざりしてる

一度は税務署でIDとパスワードの発行が必要ということなので、どれだけこの新方式を利用してから個人のe-Tax利用率が上がるのか不明ですが、少なくとも毎年税務署の大混雑にうんざりしながら確定申告をされている方は、一度検討してみてはいかがでしょうか?

参考 国税庁ホームページへ

✦ コメントを書く