【DQウォーク】リセマラ当たり最新ランキング

【ドラクエウォーク】サイおとこのこころが必須?試練の扉でスコアランキング上位を狙うなら必要

モンスターのこころ

ドラクエウォーク(ドラゴンクエストウォーク)で開催されている試練の扉においてハイスコアランキングの上位に名を連ねる条件に『サイおとこのこころS持ち』が上げられています。

その理由と『サイおとこ』のこころを入手する方法を解説していきます!


試練の扉では高火力攻撃が重視される

試練の扉では、ハイスコアのランクによって様々な報酬を受け取る事が出来ますが、それ以上に他のプレイヤーと競うランキングTOP10(上級のみ)に入ると貰える限定称号を巡った戦いが行われています。

このハイスコアランキングの上位に入るにはら普通に試練の扉をクリアしても難しく、戦闘で敵に与えたダメージ数や条件をクリアした際に得られるテクニカルボーナスを全て満たさないと無理なレベルとなっています。

特に、試練の扉 第1週上級では2戦目でどれだけ与ダメージ数が稼げるかが鍵となっているのですが、ダメージ数を増やすには高火力な攻撃スキルが必要となります。

黄竜のツメやクリスタルクローが大活躍

今回のイベント開始に合わせて公開されている『黄竜限定ふくびき』で入手が可能な黄竜のツメで習得できる「龍牙疾風拳」や、『SP装備ふくびき』でも入手できるクリスタルクローの「ゴッドスマッシュ」など高火力を出せる武器は試練の扉に非常に適しています。

どちらも武闘家の得意武器となっており、「かいしんのいちげき」を出しやすい武闘家に装備させることで更に効果的となっています。

元々高火力な武器ですが、更にその火力を上げることで試練の扉の与ダメージボーナスを増やすことが出来れば、ハイスコアランキングで上位を狙えるようになるのです。

その火力を上げる方法が、「サイおとこのこころS」になります。

武闘家に「サイおとこ」のこころを装備させるメリット

サイおとこのこころは「ちから」「きようさ」のステータスが高く、武闘家に付ける最強こころランキングでも上位です。

ステータス以上に魅力的な「きあいため」

「きあいため」は、戦士のスキルとして認知されていますが、サイおとこのこころSを装備すれば武闘家でも「きあいため」を使う事が可能となります。

「きあいため」は、1ターン消費する代わりに次のターンの攻撃力が2倍になる特徴を持ちます。

これを活用する事で、きあいためを行なった後に龍牙疾風拳やゴッドスマッシュで与えるダメージが飛躍的にアップし、与ダメージボーナスのスコアも伸びるためハイスコアランキングの上位を狙えるようになります。

厳密に言うと、きあいためだけでは無く、魔法使いの「バイシオン」を2回+きあいためで攻撃力が最大となります。

「きあいため」のダメージ量に関する検証や戦闘時に注意しなければいけないことは、以下の記事をご覧ください。

サイおとこのこころを入手する方法

モンスターHP器用特殊効果出現場所

サイおとこ
745472きあいため
こころ最大コスト+4
スキルの斬撃ダメージ+7%
防御減耐性+5%
5章9話
5章10話

試練の扉で活躍ができるサイ男のこころ入手方法ですが、サイ男がフィールド上に現れるのが現時点でストーリー5章9話と5章10話のみとなっています。

おすすめは5章10話でこころ集め

5章10話は、最強のこころとなっている「キングスライム」「キラーマシン」が出てくるため、それらのこころも一緒に周回が可能な5章10話でサイ男のこころ集めをするのをおすすめします!

モンスターHP器用特殊効果出現場所

サイおとこ
745472きあいため
こころ最大コスト+4
スキルの斬撃ダメージ+7%
防御減耐性+5%
5章9話
5章10話

キラーマシン
1145816こころ最大コスト+4
スキルの斬撃・体技ダメージ+12%
メラ属性耐性+10%
麻痺耐性+10%
5章9話
5章10話

キングスライム
408174こころ最大コスト+4
スキルの斬撃ダメージ+7%
スキルの体技ダメージ+7%
会心率+4%
イオ属性耐性+7%
即死耐性+7%
5章9話
5章10話

サイおとこのこころで試練の扉でハイスコアを伸ばそう

開催期間〜11月21日(木)14:59

現在、公開されている試練の扉(第1週)では、与ダメージボーナスをどれだけ稼ぐことが出来るかでハイスコアの伸び方に大きな差が出てきます。

いくら火力の高い武器を装備していても最大限の火力を出す準備が出来ていないと無駄になるため、サイおとこのこころをゲットして「ちからため」で攻撃力をUPさせ第ダメージを与えるようにすればスコアランキング上位を目指せるでしょう!

試練の扉 上級でスコアランキングを狙うコツは以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

✦ コメントを書く