美女の配信が無料で見れる「イチナナ」の秘密

豪華客船ダイヤモンドプリンセスの口コミ乗船記ブログ&最大50%OFFで格安クルーズが実現【2018年最新】

豪華客船・クルーズ

豪華客船の乗船記 第2弾として、ダイヤモンドプリンセスのご紹介!

今回も日本発着クルーズだから、気軽に利用しやすいよね

ダイヤモンドプリンセスは、船籍はイギリスなんですが日本で製造された日本生まれの大型客船なんです。姉妹船のサファイアプリンセスと共に2004年にデビューし、2018年で日本発着就航6年目となります。

日本発着クルーズ向けに大規模なリノベーションが行われ展望浴場や寿司バー、軽食にラーメンが出るなど、日本人向けの施設が登場するなど日本人でも非常に乗りやすい客船となっています。

しかも、料金が1日1万円台からと意外と安いんですよね

もちろん、ダイヤモンドプリンセスも食事や施設利用など基本的にすべて込みで1日1万円台で乗れ、非常にリーズナブルな格安クルーズとなっています。そのため、初めてのクルーズとしても人気があるようですね。

追記 この記事は2017年の投稿した乗船記に、2018年5月に乗船した際の内容を大幅追記してお届けしております。

では、まずは短めの紹介動画をご覧ください。

豪華客船で行く上質な旅 2018 | プリンセス・クルーズ

まるで動くホテル…まさにソレです(笑)

ダイヤモンドプリンセスのスペック

就航年月2004年4月
総トン数115,875トン
全長290.0m
全幅37.5m
甲板数14層
旅客数2,706名
乗組員1,100名
所有者P&O
運用者プリンセス・クルーズ
船籍英国

とにかくデカい(笑)

乗客・乗員あわせて4000人近くがダイヤモンドプリンセス号に乗船できるのも驚きですが、やっぱり船内はとてつもなく広いです(笑)こじんまりとした客船も落ち着いて良いのですが、ダイヤモンドプリンセスほどの大型客船の壮大さも凄いものがあります。

間近で見るとその大きさにため息しか出ません(笑)また、船内は2014年に改修されたこともあり豪華で綺麗でした。また船内のデッキ部分にはかなりの量のチェアーが置いてあり、大海原を眺めながらゆったりとした時間に浸る事が出来ます。

関連 豪華客船ダイヤモンドプリンセスに神戸港から乗船しよう!神戸発着クルーズ&船内見学会情報

プールに大型ビジョンとゴージャス!!

これは乗船初日の夕方に撮った写真なんですが、この人の多さ(笑)セイルアウェイパーティーなので、最終的にはこのあと各施設に散らばっていくため終始これだけの人が、同じ個所に集まることは余りありません。最初ビビりましたが、良かったですww

大型ビジョンには、施設の紹介動画や映画が放映されます。プールに入りながら映画を観るなんて経験はあまり出来ないと思うのですが、ダイヤモンドプリンセスでは、自由に楽しむ事ができます。

昼間はこのようにチェアーに座りながら昼寝をしている方もチラホラ(笑)海の上と言うのを一瞬忘れてしまう程、とにかく施設の一つ一つが魅力的です。

夜になると、このように雰囲気が一変。寝転んでビールを飲みながら大迫力で映画を鑑賞する…なんて贅沢なんでしょう(笑)

それほど大きなプールではありませんが、ダイヤモンドプリンセスには合計4か所のプールがあります。暖かい時期には、このように多くの方が楽しそうに利用をしています。

海の上の船の中のプールって、贅沢中の贅沢ですよね(笑)

利用している人はいませんでしたが、夜間には綺麗にライトアップされたプールが幻想的。近くにはジャグジーもあるのでプールで冷えた体をすぐに温める事ができます…うーん、贅沢!


もちろん、ライトアップされるのは船内だけではありません。上記のツイートは色んな写真を撮影されている油の人さんが撮られた夜のライトアップされたダイヤモンドプリンセス…どうですか?めっちゃ惚れ惚れする美しさですよね。まさにダイヤモンドを見つけた王女の名に相応しい!

体を使って遊べる施設も!

ミニゴルフコースでは、大人も子供も一緒に遊ぶことが出来ますので、ちょっと体を動かしたいなぁと思ったら以下の施設を利用して運動しましょう。

  • バスケットボールコート
  • パドルテニスコート
  • フィットネスセンター

また、デッキが広く長いので、海を見ながらウォーキングやジョギングをするのも開放的な気分で非常に気持ちよく運動することが出来ます。

どこの豪華客船でも、本格的なトレーニング機器が揃ったジムがあります。
ダイヤモンドプリンセスでも、そこそこ広めのジムがあるのですが、海外の客船だけあって利用している方の中には屈強な筋肉モリモリの外人さんが黙々と筋トレをしている姿を見る事が出来ます(笑)

子供も入ることが出来ますが、スタッフは常駐しているわけではないため、必ず大人が一緒についていることが条件となります。

本格的な機械が多くありますし、ダンベルなども普通に手に取れる場所にあるため、子供だけで利用すると大怪我をする恐れがあるため、必ず子供だけで利用させないように注意しましょう!

カジノで遊べる!

ダイヤモンドプリンセスは外国船なので、テーブルゲームやスロットマシンなど本格的なカジノで遊ぶことができます。カジノをやったことがない初めての方でもレッスンを受ける事が可能なようですが、熱中し過ぎてハマらないように注意しましょう(笑)

バー・ラウンジで大人の時間

豪華客船と言えば外せないのがバーやラウンジでしょう。お酒を飲みながらダンスを踊る方がいたり、しっとりとした大人の雰囲気を楽しむ人がいたりと、楽しみ方はそれぞれ。プールサイドやナイトクラブなどで開かれているパーティーを思いっきり楽しみましょう。

ダイヤモンドプリンセス日本発着クルーズ

上のバナーから、先日発表された2018年4月~2019年3月のコース・料金なども確認することが出来ます!

また、今年の8月28日発以降の内側客室が全コース値下げされていたり、条件にあえば何と最大50%も割引されたりと、ただでさえ格安のダイヤモンドプリンセスを更にお得に乗船することが出来ます!

内側客室は窓がないので少し窮屈に感じるかもしれませんが、基本的にクルーズは客室でずっといる事はなく寝るために戻る部屋で窓がなくても、あまり気にならないと思います。

客室も広めでゆったり出来る

今回泊まった部屋は、海側バルコニーという客室にバルコニーが付いたタイプ。バルコニーも十分に広く、目の前に広がる海を眺めながら優雅なひと時を過ごすことが出来ました。

ただ、このタイプの客室でも翌日にはハンドシャワーしかなく、バスタブが付くのはジュニアスイート以上のタイプのみ。

ハンドシャワーも、水圧が非常に弱く物足りないと感じる方も多いと思います。

クルーズの場合、基本的に部屋にいるのは休憩時か就寝時のみなので、バスタブが無くても全然問題ありませんが、ゆっくりお風呂に浸かりたい場合はジュニアスイート以上の客室に泊まるか、「泉の湯」という有料の大浴場に行く必要があります。

ちなみに以下の客室であれば、4名1室の3~4人目が無料になるキャンペーンが適用されます。(プランにより、適用期間は要確認)

  • スイート
  • プレミアム・ジュニア・スイート
  • ジュニア・スイート

ダイヤモンドプリンセスの気になる事

えっと…やっぱり太りますか?

ええ、太ります(笑)

ダイヤモンドプリンセスの食事も基本的に無料なのと、アイスクリームやハンバーガーなどついつい手が伸びてしまう誘惑がたっぷりとあるので、普通に気にせずクルーズを楽しむと太ります(笑)

しかも、日本発着クルーズでは日本人の舌にあうように調理された料理が本当に美味しく、更にはビュッフェ形式の軽食も品数が多くとにかく飽きません。こうなると太るしかないのですが、そこはデッキをジョギングしたり軽い運動を心掛けて、食事も運動もすべてクルーズの一つとして楽しみましょう!

別料金を払えば、更に豪華なレストランも利用可能

基本的に豪華客船の場合、朝昼晩の食事代はクルーズ料金の中に含まれているため、どれだけ食べてもお金が掛かることはありませんが、ワンランク上の豪華な食事をしたいなら有料のレストランを利用することも可能です。

幾つかの有料レストランがあるのですが、利用する場合は事前に予約をする必要があります。

ただ、この有料レストランが結構な人気でかなり前もって予約をしておかないといっぱいで取れない事があります!

携帯の電波は…?

もちろん基本的には圏外です!

海のど真ん中を航海するクルーズですので、近くに陸が無い限りは携帯の電波は圏外となります。これはもうクルーズだと仕方が無い事ですし、せっかく豪華客船を楽しむなら、いつもの日常を忘れてインターネットは諦めましょう!

着て行く服はどんなのでも良いの?

日中は普段着で良いですが、2つのドレスコードが設定されています。

昼間はラフな普段着で自由に過ごせますが、夕方以降の時間帯はスマートカジュアルまたはフォーマルがドレスコードとして決められています。これも客船のマナーとして覚えておきましょう。

スマートカジュアル

襟付きのシャツやワンピースなど、少し高級なレストランに行く服装と考えると良いでしょう。

フォーマル

ダークスーツやドレスなど、結婚式などに参加する服装となります。

クルーズの日数によって、フォーマルが設定されている回数が異なるので、船内新聞などでチェックするようにしましょう。

船内での支払いは、日本円ではないよね?

船内通貨はUSドルとなっていますが、船内で日本円からUSドルに両替する事も可能です。クレジットカードをお持ちの方は、クレジットの方が断然便利ですね。

クレジットカードは必須ではありませんが、船内での買い物や有料の飲食などはクルーズカードでの決済が便利なので、クレジットでの清算をオススメします。

クルーズカードって?

客室の鍵・船内清算・身分証明の3つを担うとても重要なカードなんだよ

クルーズカードは乗船時に受け取るカードで、部屋の鍵として使用したり、船内での買い物時に現金ではなくクルーズカードを提示・サインをすることで清算をする事が出来ます。さらに、寄港地などで乗下船時の身分証明書としても提示が必須となります。

豪華客船ではクレジットカードがオススメ

事前にクレジットカードを登録している場合は、下船日の朝に客室に届く明細書が総支払いの金額となります。

仮に、下船日の朝に何か購入した場合でも、クレジットカードに請求されるため、ゲストサービスデスク(デッキ6中央)に向かう必要はありません。

現金で支払う場合は、下船前日の夜10時までにゲストサービスデスクにて精算を済ませる必要があるので注意が必要です。

ちなみに下船前夜は、ダンスパーティをやっているため非常に混雑するので、現金での清算をされる場合はかなり早めに終わらせておいた方が良いかと思います。

 

外国船なのに日本語しか喋れないけど大丈夫?

日本人スタッフも多く乗船しているので全く問題なしです!

やっぱり外国籍の船と聞いて不安に思うのが、言葉の問題ですよね。しかし日本発着クルーズの場合は、日本人スタッフも多く何か困ったことがあっても、言葉が通じないなんて心配はありません。

もちろんアジア系や白人のスタッフもいますが、みんな陽気なスタッフが多いので積極的にコミュニケーションを楽しむのもクルーズの醍醐味かと思います!

ダイヤモンドプリンセスに乗った感想

日本船とは雰囲気も違い、スケールの大きさにビックリ!

ダイヤモンドプリンセスは超大型の豪華客船なので、全ての施設をゆっくり見て回ると相当な時間が掛かりますが、クルーズならではの時間を忘れて非日常を楽しむには最適だと思いました!

また1日1万円台と言う格安料金も、ダイヤモンドプリンセスの魅力の一つです。豪華客船と聞くと高いイメージがどうしてもあると思いますが、そんなことは全然ありません。

…とは言え、不満点がない訳ではありません。今回のクルーズで感じた3つの不満点もあわせて読んでみて下さいね

関連 ダイヤモンドプリンセスに乗船してみて気になった3つの不満点

豪華客船クルーズは、一度体験すると何度でもリピートする魅力がありますので、是非一度、お手軽なダイヤモンドプリンセスを初めてのクルーズとして利用してみるのはいかがでしょうか?

ダイヤモンドプリンセスはかなり広いため実際に船に持って行って良かった持ち物リストを公開してますので参考にご覧ください!

クルーズ旅行の持ち物リスト!豪華客船の旅を快適に楽しむ為の便利アイテムがこちら
初めての豪華客船クルーズ旅行をお考えの方は、クルーズ旅行に何が必要なのか疑問に思われる場合があると思います。 ...

ちなみに、ダイヤモンドプリンセスがいま現在、どの辺りを航海しているのかを知る方法もあるので、興味のある方はチェックしてみてください!

豪華客船ダイヤモンドプリンセスの現在地をネット上で一発で知れる方法
一泊一万円台から乗船可能な豪華客船で格安クルーズが楽しめるという事だけあって、日本人にも非常に人気のあるダイヤモンドプリ...

 

下のバナーから、今後のダイヤモンドプリンセスのクルーズ日程や料金を確認する事が出来ますので興味がある方は、チェックしてみてください。

こちらもクルーズ初心者にオススメ!

豪華客船クルーズぱしふぃっくびいなす乗船記ブログ!口コミ&評判と施設徹底紹介
どうも、インターネットの皆様初めまして。ユウと申します! 突然ですが、旅行ってほと...
豪華客船スーパースターヴァーゴの特徴と魅力!ついに日本発着で乗船可能に
豪華客船と聞くと「私には縁がないわ…」と思われがちですが、実は気軽に体験できる時代になりました!...
ディズニー好きには堪らない豪華客船ディズニークルーズ(ドリーム号・ファンタジー号・マジック号・ワンダー号)が凄過ぎる!
日常を忘れることのできる豪華客船の旅ですが、あの「夢の国」の豪華客船が凄過ぎました! ...
コスタネオロマンチカの口コミ乗船記ブログ!おしゃれな豪華客船で一泊一万円台の格安クルーズ
外国船籍の豪華客船はスケールもオシャレさも格別! テレビで豪華客船の特集が組まれる...

豪華客船で働いてみたいと思われる方は、以下の記事もチェック!

豪華客船で働ける仕事&求人まとめ!就職、転職する方法や気になる給料は?
日本発着の豪華客船が増えた事で、クルーズに対して身近に感じることが以前より増えたような気がします...

✦ コメントを書く