Amazonギフト券が超お得なキャンペーン中

豪華客船で英語は必須?最低限学ぶならこのアプリがおすすめ

豪華客船・クルーズ

一昔前の豪華客船クルーズのイメージは、富裕層の娯楽であったり、定年後の人生の楽しみだったりと生活にある程度余裕のある方々が利用するようなものだったと思います。

しかし、近年では海外籍の豪華客船が一泊一万円台などの格安料金で日本発着クルーズを積極的に行うなど、クルーズと言うのは極々一般的になりつつあります。

とは言え、クルーズ船で働いているクルー(乗組員)は飛鳥Ⅱなどの日本籍船であっても日本人じゃない場合がほとんどです。

こうなると心配なのが、船内で何か困ったことがあった時に日本語で通じるのか?英語は話せた方が良いのか…かと思います。

そこで、今回は豪華客船での英語についてお話ししたいと思います!


日本の豪華客船「飛鳥Ⅱ」のクルーはフィリピン人が多い

飛鳥Ⅱで働くクルーは470人とされていますが、実にその約2/3が外国人となっており、そのほとんどがフィリピン人です。

実際に飛鳥Ⅱに乗船された事がある方は分かるかと思いますが、客室の掃除などをしてくれるハウスキーパーの方々や、食事をする際に訪れるダイニングで働いているクルー達は圧倒的にフィリピンの方が多いんですよね。

その理由としては、フィリピン人は英語も出来るし賃金も安い、そして何より「フィリピン・ホスピタリティ」と言われるフィリピン人ならではの陽気さや気さくな性格があります。

フロアですれ違ってもニコニコと笑顔で「ハロー」と声を掛けてくれるクルーが多いのも特徴的ですよね。

日本客をメインターゲットとしているので、カタコトであれば、日本語を話せるクルーもいますし、クルーの約2/3がフィリピン人であっても飛鳥Ⅱでは英語を話せなくても十分にクルーズを楽しむことが出来ますので、安心してください。

 

ぱしふぃっくびいなすやにっぽん丸も同じ!

飛鳥Ⅱではクルーのほとんどがフィリピン人と言うことをお伝えしましたが、これは別に飛鳥Ⅱに限った事ではありません。

「ぱしふぃっくびいなす」や「にっぽん丸」でも、同様に乗船しているクルーの多くはフィリピン人となっております。

とは言え、日本人がクルーズを堪能するにあたり、クルーがフィリピン人という事で困るようなことはありません。

逆に、その陽気な性格から、クルーズをより楽しい旅の思い出にしてくれるはずです。

主に日本籍船の場合は、日本発着クルーズなので、外国人クルーが多い場合でも英語が話せないことで不便に思うことは基本的には無いはずです。

勿論、「ハロー」や「サンキュー」などの簡単な英語でのコミュニケーションはあった方が楽しいと思いますので、豪華客船クルーズの旅を最大限に楽しむために最低限必要な挨拶の英会話くらいは身につけておいた方が良いかもしれませんね。

 

外国籍船クルーズの場合だと英語力は少し求められる

近年ではダイヤモンドプリンセスなどの、外国籍船が日本発着クルーズを積極的に行なっていることから、海外客船で格安クルーズを楽しめる機会も増えてきております。

こうした大型客船の場合は、一泊あたりのクルーズ料金が非常に安く設定されていたりするので、初めての豪華客船クルーズを外国籍船とする場合も多いのかと思います。

そうなると気になるのが、海外の客船だと英語が話せないと不便なのか?という事ですよね。

日本発着クルーズの場合は最低限の英語で構わない

海外籍の客船とは言え、日本発着クルーズを楽しめるだけあって船内では日本語対応している施設が多かったり、レストランのメニューや客室などでは全く困らないと言っていいでしょう。

ただ、一部施設では英語でメニューを頼んだり、普通に英語で話しかけられたりするケースもあります。

日本人向けのクルーズであっても、働いているクルー達がみんな日本語を理解しているとは限りません。

ただ、こう言ったケースでも、日常会話ではないなく簡単なやり取りでも成り立つので、「これが欲しい」などの簡単な英語は話せる準備はしておいた方が何かと便利です!

 

日本発着以外のクルーズだと英語は必須

ここまでは、日本発着クルーズの場合でしたので、メインの客層は日本人を想定しています。その為、簡単な英語であれば困ることなく十分にクルーズを楽しむことが出来ます。

また、日本発着クルーズを行なってはいるものの、それほど高い頻度ではない客船(例えばMSCスプレンディダなど)の場合は、必要な部分は日本語対応していますが、それ以外は基本的には英語と思った方がいいでしょう。

日本語を多少理解できるクルー達がいることもありますが、英語が全然分からず困ってしまうケースは少なくはないでしょう…

その為、レストランやバー、客室などで必要となりそうな英語は必須だと思っておいた方がいいです。最低限の英語は身につけておくようにすると、よりクルーズを楽しめるはずです!

 

簡単な日常英会話を学ぶならスタディサプリがおすすめ

日本発着クルーズであったとしても、外国人クルー達とのコミュニケーションを楽しむのはクルーズの醍醐味と言っても良いでしょう。

その為、日常会話程度の英会話を身につけておくと日本発着クルーズに限らず、海外籍船クルーズなどで役立つはずです。

とは言え、「この歳になって今から英語なんて身につけられない!」も思われる方もいると思います。

そんな方におすすめなのが、「スタディサプリEnglish」という英語サプリです!

 

初心者でも楽しみながら学べるスタディサプリEnglish

実は僕も英語は学生の頃くらいしか勉強してなかったため、クルーズや海外旅行で英語を話すことは中々出来ませんでした。

英語初心者と言っても過言ではないくらい、英語で会話をするなんて考えられないと思ってましたが、このスタディサプリEnglishでは自分のレベルに合わせて英語を学ぶことができます。

英語を聞くこと、話すことに重点をおいた勉強法なので約3ヶ月もあれば効果を実感できると言われています。

金額的にも、その他の英会話教材と比べると非常に格安です。ひと月あたり◯◯円で自分のペースで英会話レッスンを受けられるなら、かなり安いと思います。

初心者なら尚更、「勉強中に自分の下手な英語を周りに聞かれたくない」と思ってしまいがちですが、このスタディサプリEnglishはアプリに向けて英語を発することで正しい英語の知識を受けられ、誰にも聞かれることなくじっくりと英会話を学べます!

\ まずはお試し一ヶ月無料 /

スタディサプリEnglishに登録

スタディサプリEnglishの細かな情報などはスタディサプリENGLISHの評判と口コミをご覧くださいませ。

お得になるキャンペーンコードは『 TRY2016 』なので、登録時に忘れずに入力しましょう。このコードを入力すると、最初の一ヶ月が無料になるので登録する場合なら、必須だと思います!

コード TRY2016

登録する場合は必ず上のキャンペーンコードを入力して登録してくださいね!

関連 スタディサプリENGLISHの評判と口コミ!英語初心者が実践した効果を随時更新

 

豪華客船の英語まとめ

飛鳥Ⅱなどの日本船であっても、乗船しているクルーの多くがフィリピン人となっていますが、最低限な日本語は理解できているため、「英語が出来ないからクルーズはやめておこう…」とはならなくて良いです(笑)

ダイヤモンドプリンセスなどの海外籍の客船であっても同じで、最低限の英単語さえ知っていればあとは何とかなります!

ではその最低限の英単語はどこで学ぶのかと言うと、「スタディサプリEnglish」という英会話アプリです。

アプリの中では、ストーリーを楽しみつつ日常会話を継続的に学べるだけあって非常に人気の英会話アプリ。苦手な部分をコンピュータが計測し、徹底的に苦手部分を学べるようになっています。

「効果が出始めている」と実感できる平均的な期間が約3ヶ月と言われていますので、簡単な日常会話程度の基礎はアプリから学んじゃいましょう!

スタディサプリENGLISH(英語)の評判と口コミ!初心者が実践した効果【2018年】
日々、技術は進歩していてある程度の事はびっくりするほど簡単に情報として入って来ます。「英語の翻訳」も同じで、Google...

英語をある程度理解したら、あとは豪華客船クルーズの旅で、外国人クルー達とのコミュニケーションを楽しんでみてください!

クルーズ旅行ならここ!

気軽に豪華客船クルーズが楽しめる日本国内発着のクルーズプランが勢揃い、やっぱり大手で安心「JTBクルーズ」がオススメ!

各客船ともに掲載プラン数の充実度は高く、知名度抜群のJTBなので初めてのクルーズ旅行でも安心できると思います。

豪華客船クルーズをご検討中の方は、是非チェックしてみて下さい!

豪華客船・クルーズ
ユウをフォローする
ユウログ

✦ コメントを書く