メルペイに友達誘って1,000円貰おう

コスタネオロマンチカ乗船記ブログ&口コミ!家族4人で実際に掛かった費用を公開

コスタクルーズ

テレビで豪華客船の特集が組まれるなど、豪華客船クルーズはお金持ちの娯楽という感覚はすっかり落ち着いてきた感がありますが、飛鳥Ⅱなどの日本船籍は一泊3万円台など少し割高になっています…

それに比べて、ダイヤモンドプリンセスなどの外国船籍は、一泊一万円台から利用が出来るなどクルーズが初めての方でも安心して極上の船の旅を満喫する事ができます。

外国船籍の豪華客船はスケールもオシャレさも格別!

今回ご紹介する『コスタネオロマンチカ』も、そんな格安クルーズが楽しめる豪華客船となっており、イタリア籍船らしいオシャレな船内と豪華食事について「乗船記ブログ」としてご紹介したいと思います!


【コスタネオロマンチカ 乗船記ブログ】イタリア生まれの豪華客船も日本発着で楽しめる!

コスタネオロマンチカは、イタリア生まれの豪華客船なので船内はとってもオシャレなのです!

簡単なコスタネオロマンチカのスペックをご紹介しましょう。

就航年月1993年
総トン数57,150トン
全長220.6m
全幅30.8m
客室数789室
旅客数1,800名
乗組員622名
所有者コスタ・クルーズ
船籍イタリア

イタリア籍のコスタネオロマンチカも、日本国内発着で利用できる豪華客船なのと、やっぱり何と言ってもオシャレな船内は人気が高いようです。

今回も船内の写真多めでコスタネオロマンチカをご紹介致しましょう!

お、おしゃれ過ぎない?

これも何気ない船内の壁面ですが、これだけを見てもオシャレと言うのが分かりますよね(笑)

コスタネオロマンチカの船内はとにかくオシャレで飛鳥Ⅱやぱしふぃっくびいなすなどの日本のクルーズ船とはまた違った雰囲気が楽しめます!

コスタネオロマンチカの大きさは飛鳥Ⅱとほぼ同じ

外国のクルーズ船をイメージする時に、日本籍の船よりも大きいと思われるかもしれませんが、実はコスタネオロマンチカは日本の飛鳥Ⅱと比べてもそれほど変わりません。

  • コスタネオロマンチカ:221m
  • 飛鳥Ⅱ:241m
  • ダイヤモンドプリンセス:290m

上記の数字は、船の縦の長さ(全長)となるのですが、飛鳥Ⅱよりも全長は短いのです。

総トン数はコスタネオロマンチカの方が上なので、規模的に言えば飛鳥Ⅱよりも大きいのですがダイヤモンドプリンセスと比べると大きくはありません。

全長が長過ぎるとご年配のかたなどは移動が大変ですが、そう考えるとコスタネオロマンチカは程よい大きさで移動も比較的楽なので子供やお爺ちゃんお婆ちゃんにもおすすめできます!

乗船後はクレジットカードの登録を行おう

コスタネオロマンチカに乗船すると貰えるのが「クルーズカード」と呼ばれるルームキーになっているカードなんですが、このクルーズカードは客室の鍵以外にも、船内での買い物や有料ドリンクなどの支払いをこのクルーズカードひとつで行えるという重要な用途を持ちます。

そして、このクルーズカードにはクレジットカードを紐付けることが出来るため、支払いがかなり楽になるので、乗船後は船内にある以下の端末を使って登録を済ませましょう!

使い方は複雑ではありませんが、わからない場合は、日本人専用のスタッフが教えてくれるので遠慮なく聞きましょう。

 

コスタネオロマンチカの有料レストラン含む料理は日本人の口にも合う

高級ホテルのレストランであるかのような雰囲気を醸し出しているコスタネオロマンチカのレストランはどこも本当に綺麗でオシャレです。

船内は証明や壁に飾ってある絵画など、至る所にイタリアらしさを感じさせてくれる雰囲気なので、豪華客船に乗っていると実感させられます(笑)

ここで味わえる食事も、クルーズ代金に含まれているわけですから、本当に豪華客船ってコストパフォーマンスの高い娯楽だと思います。

これで一泊一万円台ってヤバくない(笑)

 

コスタネオロマンチカはイタリア籍のクルーズ船なので、イタリアンを中心に食事を楽しむことが出来ます。

コースメニューでは、事前にどのような料理かを目で見て確認することが出来ます。イタリアンは特に文字だけのメニューを見てもイメージしにくいので、このシステムは大変助かります(笑)

一皿あたりの量もちょうど良く、自分で食べる量も調整出来るので大人も子供も安心です。

ビュッフェで自由に食事をするのも可能

コースメニューも良いですが、もっと自由に好きな物だけ食べたいかたにはビュッフェスタイルのレストランもあります。

正直、ビュッフェは味が落ちるかな…と思ってましたが全然そんなことは無く、かなり美味しかったです!

種類も豊富で、味噌汁やご飯に納豆などもあり、日本食が恋しくなった場合でも嬉しいメニューが揃ってました。

朝昼もビュッフェで好きな時に好きな分だけ楽しめるので、体重の管理はしっかりやりましょう(笑)

料理の質は非常に満足出来ましたが、無料のドリンクに関してはぶっちゃけ微妙かなと感じました。特にコーヒーは…だったので、美味しいコーヒーを飲みたいなら有料のillyコーヒーを頼みましょう。

ミシュラン5つ星シェフ監修の有料レストラン「CASANOVA」へ

コスタネオロマンチカには、ミシュランで5つ星を獲得しているシェフが監修しているイタリアンが楽しめるCASANOVAというレストランが利用可能です。

ただし、大人ひとり59ドルが別途掛かります。

コスタネオロマンチカはクルーズ代金自体が格安なので、こういった船内でお金を使うという楽しみ方は非常に良いと思います!

今回、CASANOVAを利用した際に提供いただいた料理は以下となります。

当然ですが、味や豪華さは素晴らしくレストラン内の雰囲気も非常に静かで、バイオリンの生演奏を聴きながら絶品の料理を楽しめるなど、ひと時のVIP感を味わうことも出来ます(笑)

絶品!本場のピザも楽しめる「NAPOLI PIZZA」

コスタネオロマンチカは、世界で唯一の「薪を使用してピザを焼くクルーズ船」となっており、出来立ての本場イタリアのピザが一枚約8ドルほどで楽しめます。

ボリュームも中々あり、小腹が空いた夜食としても大満足!家族4人で2枚のピザを食べましたがお腹いっぱいになりました。

店内で食べても良いし、テイクアウトも可能なので、客室に持ち帰って食べたり、隣接するプールサイドで食べるなど色々な楽しみ方が出来ますよ!

一風堂のラーメンまで

コスタネオロマンチカに乗船して驚いたのが、なんと一風堂のとんこつラーメンが食べれます(笑)

夜食と言えばラーメンなので、ディナーをそこそこにして一風堂のとんこつラーメンを食べてみましたが普通に美味しかったです。

イタリアのクルーズ船の上でラーメンを食べると言うのは何だか不思議な感じですが、あまりない機会だと思いますので乗船した際には是非お楽しみ下さい!

コーヒー飲むならillyが絶対おすすめ

コスタネオロマンチカでは、無料のコーヒーとは別に有料で飲めるillyコーヒーがあります。

illyコーヒーは、船内にあるコーヒー&チョコレートバーなどで頼めるのですが、コーヒー関連は以下のような料金です。

  • エスプレッソ:2.6ドル
  • カプチーノ:3.6ドル

値段も安いですし、何より無料のコーヒーに比べると格段に美味しいので、カフェで休憩したい場合は是非illyのコーヒーを頼んでみてください!

ちなみに、子供達に人気のアイスクリームは3段重ねで2ドルなので、かなり人気でした(笑)

 

コスタネオロマンチカの客室も綺麗で大満足!

こちらは少し狭めのタイプのお部屋ですが、狭いと言っても十分快適に過ごせるスペースはあります。とくに豪華客船って客室で過ごす時間ってあまりないので、寝に戻るくらいだと一番安い部屋で十分なのです。

とは言え、このお部屋でも窓が大きく圧迫感は全くと言っていいほどありません。

少し高めのお部屋もご紹介しておきましょう(笑)

こちらのタイプのお部屋はグレードが高いのですが、お部屋の雰囲気も最高でシャワースペースもあったりととても快適に感じる事が出来るでしょう。

本当にこれ船内の客室なの!?

って思ってしまうくらい豪華でした(笑)

コンセントは少なめなので注意が必要!

客室のグレードにもよるとは思いますが、基本的に客室内のコンセントは少ないと思った方が良いです。

特に、一般的なホテルではベッド付近にコンセントがあるのが当たり前ですが、コスタネオロマンチカの客室にはなく、テレビ前とトイレ&シャワールームに一つずつなど不便でした。

USBポート付きの電源タップなどを用意して複数のスマホを充電出来るようにしておくか、モバイルバッテリーを持っていくなどした方が賢いかと思います!

客室冷蔵庫のドリンクは水も有料

客室にある冷蔵庫には常にドリンクが用意されていますが、ミネラルウォーターも有料となるので注意しましょう!

500mlのミネラルウォーターで2.29ドル、ビールが4.95ドル、レッドブル5.99ドルと各ドリンクともそれなりにしますので、基本は手をつけないほうがいいでしょう(笑)

 

コスタネオロマンチカのプールで子供たちが大はしゃぎ!

こちらは11デッキにある「サントロペプール」と言うプールです。子供も遊ぶことが出来る施設となっており、夏場は子供たちを見ながらプールサイドでくつろぐことが出来ます。

同じ11デッキには大人専用の「モンテカルロプール」と言うプールがあり、そこではカクテルを飲みながらゆったりとプールで遊ぶことが出来ちゃいます。

海に浮かぶ豪華客船のプールで遊ぶ…贅沢過ぎますよね(笑)

コスタネオロマンチカのプールは小さく若干物足りない?

豪華客船といえばプールからも観れる大きなスクリーンで映画!というイメージがありますが、コスタネオロマンチカではスクリーンがありません。

また、プールは子供用と大人用の二ヶ所がありますが、どちらも小さく特に子供向けプールはすぐにいっぱいになります…

デッキには陽気な音楽が流れていてバカンス的な雰囲気は十分にありますが、ダイヤモンドプリンセスなどの大型客船に乗ったことのあるかたには少し物足りなさを感じるかもしれません。

…とは言え、大きめのソファ席がいくつも用意されているなど、ゆったりとした空間で海を眺めながら過ごす時間は格別ですよ!

 

コスタネオロマンチカは、大人が楽しめる豪華客船

コスタネオロマンチカの船内は、非常に優雅な時間が過ごせますので、さらに非日常を味わうためにワインを楽しんでみてはいかがでしょうか?

色んな種類のワインを楽しむことが出来るのもイタリア船籍であるコスタネオロマンチカの良い所では無いでしょうか。ワイン好きには堪らない数のワインが用意されており、ワインチーズバーでは80種類を超えるワインを飲みながら大海原を楽しめます。

こちらも豪華客船と言えばカジノですね。コスタネオロマンチカでも本格的なカジノを楽しむ事ができます。スロットやポーカーなどで運試しをするのも良いでしょう(笑)

コスタネオロマンチカ船内では、世界140ヵ国以上で愛飲されている本場イタリアのillyコーヒーを味わうことが出来ます。

もちろん飲みましたが、メチャクチャ美味しかったです(笑)

デッキにてタバコを吸うことも可能

コスタネオロマンチカでは、シガーバーでタバコを吸うことも可能ですが(客室では不可)、灰皿のあるデッキでもタバコは許可されています。

吸ってはいけない時間などアナウンスで案内されるので、タバコを吸われるかたはご注意ください。

子供達がプールで遊んでいるデッキでも吸えるので、さすがに歩きタバコをしているかたは見かけませんでしたが、煙が気になるかたは一時的に離れるなどの必要がありそうです…

 

同室の子供(~12歳)なら二人まで無料!

コスタネオロマンチカの最大の魅力と言えば、何と言っても利用のしやすい料金設定では無いでしょうか。

なんと、同室の12歳までの子供なら二人までクルーズ代金が無料になってしまうのです!

これ普通に考えられない事だと思いますが、クルーズ代金という事は宿泊代やらお食事代やらが無料という事です…小学生高学年でも無料って、さすが世界はスケールがデカいです(笑)

更には、親たちが船内を自由に楽しめるように、子供を預かってくれる施設まで用意されています。僕は子供と一緒に船内を楽しみたいので利用はしませんが、至れり尽くせりのサービスが嬉しいですね。

ちなみに船内はかなーり広いので実際に船に持って行って良かった持ち物リストを公開してますので参考にご覧ください!

クルーズ旅行の持ち物リスト!豪華客船の旅を快適に楽しむ為の便利アイテムがこちら
初めての豪華客船クルーズ旅行をお考えの方は、クルーズ旅行に何が必要なのか疑問に思われる場合があると思います。 ...

コスタネオロマンチカ乗船記ブログまとめ:実際に掛かった費用

コスタネオロマンチカの乗船記ブログとしてお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?

日本船にはないイタリアを感じさせてくれるコスタネオロマンチカの雰囲気は、一度味わうと癖になりそうです。特にワイン好きな方なら、是非体験してみて欲しいと思います。

一泊当たり一万円台で利用が出来て、更に日本発着で乗船可能なので非常に便利に安心してクルーズを楽しむ事が出来るのではないでしょうか?

それでは最後に、家族四人(大人二名、子供二名)で乗船したコスタネオロマンチカで実際に掛かった料金(客室は海側キャビンのクルーズ代金および船内での買い物、チップなど含む)をざっくり公開したいと思います。

項目大人2人子供2人合計(4人)
クルーズ代金147,600円無料147,600円
港湾税31,200円31,200円62,400円
有料レストラン12,400円6,200円18,600円
有料飲食5,000円2,000円7,000円
買い物4,500円-4,500円
船内チップ11,200円5,600円16,800円
合計211,900円45,000円256,900円
船内はドル払いですが、1ドル105円で計算

クルーズ代金だけでは無く、有料レストランの利用やショップでの買い物も含めてますが、それでも一般的な家族四人で考えると今回は4泊5日でしたので、一人当たり一泊約16,000円となります!

  • 客室利用料
  • 朝昼晩の飲食代
  • プールなどの施設利用料
  • 各寄港地までの移動費

など込みでこの料金で利用出来るのは、改めて考えるとかなり安いですよね!

コスタネオロマンチカは同室の子供二人が無料という事が何よりも大きいですが、家族で5日間ほどの休みが取れる場合などは本当におすすめのクルーズ船なので、是非お子様の夏休みなどに合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか?

当然、無料となる子供を含まずに大人のみの利用となると一人当たりの料金は高くなりますが、それでも寄港地への移動費や宿泊費、基本的な飲食代が全て込みだと考えると普通の旅行よりもかなり安くつく事はお分かり頂けると思います。

時期やプランによっては、一泊一万円を切るプランもあるようなので、是非興味が出た方はコスタネオロマンチカをご利用してみて下さいね!

コスタネオロマンチカの最安値プランを見る

✦ コメントを書く