美女の配信が無料で見れる「イチナナ」の秘密

仮想通貨暴落!中国のICO規制報道を受けて相場が大荒れ状態で買い時が到来!

仮想通貨

仮想通貨界隈にて、大きな動きがありましたー

ICOのブームを受け、中国は以下のようなICOに対する規制を発表。

  • 今後のICOは全て停止とする
  • これまでのICO案件も再調査を行う
  • 投資者権利保護のため、管理システムを作る
  • 全ての取引所は政府に対して状況の報告を義務化
  • ICOで調達した資金も凍結する場合がある

この発表を受け、仮想通貨が全体的に暴落となりました。

見事に赤くなっちゃってますなぁ(笑)

ビットコインも以下のように、暴落しちゃってます。

そもそもICOってなんなの?

ICOと言うのは「Initial Coin Offerings」の頭文字をとったもので、事業資金を調達する際に独自の通貨を発行する事を指します。その通貨を使って色々なメリットを提供できれば通貨の価値は上がります。独自の通貨の事をトークンと呼びますが、初期の時点でトークンを所持していれば、価値が上がった際にメリットが発生します。

バンコールと言う通貨がICOにて3時間で167億円を調達した事でも有名です。ICOにはこのように短期間で莫大な資金を調達することが出来るのです。

しかし、中国ではこのICOを悪用し、許可なく金融活動を行ったり詐欺などの違法な資金調達の疑いが持たれるものもあり、投資をする際には注意が必要との警告を以前から発信していました。

そして、9月4日、中国のICO規制報道により全体的に暴落してしまった…と言う事なんですね。

暴落中が買い増しのチャンス!

仮想通貨の大原則として、相場が大きく下がった時に買うのが鉄則です。ビットコインやNEM(XEM)なんかも下がっている為、買うなら今回のように大きく暴落しているときに買っておくのが大事。

僕の場合、ビットコインならbitFlyer

XEMなどのアルトコインを買うならcoincheck

という形で取引所を分けています。ただし、勿論現在の暴落から更に暴落する可能性も秘めている為、生活費にまで手を出して仮想通貨を購入するのは危険です。僕は、毎月ほとんどお金を使わないので財布の中に眠ったままの諭吉さんを何枚か使って余裕ある仮想通貨を楽しんでいます!

日本のICOはどうなる?

さて、中国では規制によりICOが厳しい状況となっていますが日本ではどうでしょうか?10月にICOプラットフォームであるCOMSAがICOを行う予定です。

その後も、既にCOMSAを使って「株式会社プレミアムウォーターホールディングス」「株式会社CAMPFIRE」がICOをするのが決まっています。

第一弾となるCOMSAのトークンセールは大きな注目を集めており、日本では今後ICO全体の注目度が上がってくることが予想されます。

事前登録だけでも既に10万人を突破したとの発表があり、COMSAで使用できるXEMなども今後は大きく相場を上げてくることも考えられます。

まだCOMSAのトークンセールに登録していない方は、サクっとCOMSAに事前登録しておきましょう!

✦ コメントを書く