スマホ決済キャンペーンが凄い【2019年7月最新】

飛鳥Ⅱが2020年に日本発着世界一周クルーズが決定!最大20%割引も可能

豪華客船・クルーズ

日本が誇る豪華客船と言えば、やはり飛鳥Ⅱと答える方が多いのでは無いでしょうか?

テレビなどでも取り上げられる事も多く、顧客満足度の高い豪華客船としても有名な飛鳥Ⅱですが、2018年3月〜7月にかけて日本発着の世界一周クルーズ(102日間)を実施しました。

そして、2020年にも飛鳥Ⅱが日本発着で世界一周クルーズを実施する事が決定!

今回は、速報として2020年4月から始まる飛鳥Ⅱ世界一周クルーズの情報を掘り下げたいと思います。

2020年に日本発着で世界一周クルーズ

一泊1万円台という格安料金で、日本発着クルーズを楽しめる海外籍船に比べて、飛鳥Ⅱは決して安いとは言えないクルーズ料金です。

それでも、26年連続で客船ランキングのトップに君臨し続けている理由は、やはり日本船ならではの安心感と日本人クルーの多さかと思います。

また、乗客二名に対してクルーは一人付くという割合になっているため、何か困った時はすぐに対処して貰えるという点も大きいですよね。

そんな飛鳥Ⅱですが、2020年4月から7月にかけて横浜発着・神戸発着で世界一周クルーズの実施が決まりました!

2018年の世界一周クルーズ乗船記ブログ記事でも書いていますが、世界一周クルーズは以下のような特徴があります。

  • 年齢層が非常に高い
  • リピーターが非常に多い

前回の世界一周クルーズでは、平均年齢が73歳で50歳未満の方は僅か1%であり、リピート乗船率は驚異の73%というデータがあります。

恐らく、2020年の世界一周クルーズも同じような状況であることが予想されます。

横浜発着、神戸発着の2コースを用意

2020年に実施が決定した飛鳥Ⅱの世界一周クルーズですが、今回も日本発着の2コースか発表されています。

まずは横浜で乗客を乗せ、次の日に神戸に寄稿して世界への船旅が始まる感じですね!

Aコース 横浜発着

横浜発着で飛鳥Ⅱの世界一周クルーズスケジュールは以下の通りです。

2020年4月2日〜 2020年7月13日

Aコース 神戸発着

神戸発着で飛鳥Ⅱの世界一周クルーズスケジュールは以下の通りです。

2020年4月3日〜 2020年7月14日

 

今回も初寄港地が5つ!

飛鳥Ⅱの人気の理由の一つとして、クルーズの途中に訪れる寄港地の豊富さであり、中でも初寄港地がいくつか含まれる点です。

今回の2020年世界一周クルーズでも、以下の5つの寄港地に初寄港されます。

  • ゴア(インド)
  • ゼーブルージュ(ベルギー)
  • トロンハイム(ノルウェー)
  • ケープカナベラル(アメリカ)
  • プンタレナス(メキシコ)

今回発表された2020年飛鳥Ⅱ世界一周クルーズで予定されている寄港地は以下となります。

シンガポール、ゴア(インド)、サラーラ(オマーン)、ピレウス(ギリシャ)、ミコノス(ギリシャ)、ナポリ(イタリア)、リボルノ(イタリア)、モンテカルロ(モナコ)、パルマ(スペイン)、カディス(スペイン)、リスボン(ポルトガル)、ビーゴ(スペイン)、ゼーブルージュ(ベルギー)、ティルベリー(イギリス)、トロンハイム(ノルウェー)、ホーニングスボーグ(ノルウェー)、レイキャビク(アイスランド)、ニューヨーク(アメリカ)、ケープカナベラル(アメリカ)、コズメル(メキシコ)、カルタヘナ(コロンビア)、プンタナレス(コスタリカ)、マサトラン(メキシコ)、サンフランシスコ(アメリカ)、ホノルル(アメリカ)、スエズ運河、ソグネフィヨルド、ガイランゲルフィヨルド、パナマ運河

16カ国25寄港地となる今回の世界一周クルーズですが、お馴染みの寄港地から、世界一周クルーズじゃないと中々訪れる機会のない寄港地まで非常にバラエティの富んだクルーズが楽しめるのではないでしょうか?

 

2020年飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ料金

こちらが2020年の飛鳥Ⅱ世界一周クルーズの代金となっていますが、102日間でこの金額です。

クルーズと言うのは、客室代金や食事代、エンターテイメント施設利用料など全て込みなので、普通の旅行と比べると割安でもあるんですよね。

それでも、飛鳥Ⅱは日本発着で利用できる外国船と比べるとやっぱり料金的には高く感じます。…とは言え、世界一周クルーズなんて一生に一度の楽しみなので、日本最高峰の豪華客船で優雅に世界を味わってみてはいかがでしょうか?

早期割引もあるので、絶対に飛鳥Ⅱで世界一周をしたいと思われる方は以下で紹介をします割引制度を活用してみて下さい!

 

早期申し込みで最大20%割引き!

2020年の飛鳥Ⅱ世界一周クルーズに絶対乗りたいと思われる方は、絶対早期割引制度を活用した方が良いです!

以下にて、割引率の高い順にご紹介します。

 

ワールド特別割引

2019年6月30日までに、クルーズ代金を全額支払えば20%の割引が受けられるめちゃくちゃお得な制度の「ワールド特別割引」

全額なので、金額としては結構な額になりますが、20%も割引があるのはかなり魅力的ですしオススメ!

ただし、客室番号の指定は出来ません。

 

早期全額支払い割引

こちらも同様ですが、2019年8月31日までに全額を支払えばクルーズ代金の15%を割り引いてくれる「早期全額支払割引」

ワールド特別割引より、期日が2ヶ月ほどしか変わらないだけで5%の割引率が変わるので、どうせ全額支払いをするならワールド特別割引をオススメします。

こちらは、客室番号の希望を伝えることが出来ます。

 

早期申し込み割引

2019年11月30日までに、クルーズの申し込みを行えばクルーズ代金の11%の割引を受けられる「早期申込割引」

とりあえず申込だけ早くしておきたいなら、この「早期申込割引」を利用してクルーズ代金を通常より安く抑えることも可能です。

こちらも、客室番号の希望を伝えることが可能

 

Kステートなら一泊3万円台で世界一周が可能!

割引制度を使うと、一番安いKステートの客室タイプだと、一泊あたり3万円台で飛鳥Ⅱに乗り世界一周クルーズを楽しむことが出来てしまいます。

基本的にクルーズ中は、部屋にいない事が多いため個人的には客室に拘りがないのなら、Kステートで十分だと思いますよ!

 

2020年 飛鳥Ⅱ世界一周クルーズまとめ

前回から2年ぶりとなる飛鳥Ⅱによる世界一周クルーズですが、今回もかなり人気のプランになる事が予想されます。

今回の世界一周クルーズの発売は2020年2月15日(金)に、全国一斉にスタートするようなので、興味のある方は是非早いうちに申し込みを行いましょう!

特に、ワールド特別割引なら20%引きとなるので、お得になる制度をしっかり活用しましょう。

前回の世界一周クルーズに参加された方の乗船記ブログ世界一周クルーズを参考情報として、以下をご覧ください。

世界一周クルーズを日本発着で利用した際の日数と費用まとめ
非日常を味わえて極楽な体験が気軽に出来てしまう豪華客船クルーズが日本でも話題になる事が増えてきましたが、クルーズを利用す...
世界一周クルーズ乗船記ブログまとめ【飛鳥2/サンプリンセス/ピースボートなど】
豪華客船で世界一周クルーズは、船が好きな方でなくても魅力的ですよね。ただ、休みが取れないとか、お金の問題で中々手を出しに...
クルーズ旅行ならここ!

気軽に豪華客船クルーズが楽しめる日本国内発着のクルーズプランが勢揃い、やっぱり大手で安心「JTBクルーズ」がオススメ!

各客船ともに掲載プラン数の充実度は高く、知名度抜群のJTBなので初めてのクルーズ旅行でも安心できると思います。

豪華客船クルーズをご検討中の方は、是非チェックしてみて下さい!

豪華客船・クルーズ飛鳥Ⅱ
ユウをフォローする
ユウログ

✦ コメントを書く