Amazonギフト券が超お得なキャンペーン中

Amazonビジネスのメリットとデメリット!請求書払いが可能な法人向けサービス

Amazon/買い物

気になる商品があれば真っ先にAmazonで検索をする方も多いと思いますが、そんなAmazonが個人向けとは違う法人向けのサービス『Amazonビジネス』を展開されている事、ご存知でしたか?

法人向けとして、請求書払い(月末締め翌月末払い)が出来たり、法人価格が設定された商品があるなど、現在アスクルなどを利用されている企業の担当さんが検討すべきサービスとなっています。

今回は、Amazonビジネスに関するメリットやデメリット、そしてアスクルとの比較をまとめてみました!


Amazonビジネスの詳細/ オフィス用品買うならAmazonで \

Amazonビジネスの特徴

写真 公式サイト

個人で欲しい物の買い物でAmazonを利用する方も多いと思いますが、会社の備品や消耗品などを購入する場合は、Amazonビジネスを利用する方が便利です。

便利な請求書払いや、割引きなどの特徴をいくつかご紹介します!

商品選定・購入先、請求書の一本化が出来る

例えば、これまで複数の商品を別々のサービスを使って購入していたり、商品の選定に時間が掛かるなど非効率な作業も、Amazonビジネスなら、ほぼ全ての商品が揃います。

また、請求書も一本化できるため月末の支払い処理など、スマートに行うことが可能となります。

請求書払いが可能になる

1ヶ月分の購入金額の明細を翌月1日にPDFファイルで届き、それを月末までに支払う事が出来ます。

支払いを月末にまとめて行う事が多いと思いますので、購入した商品を翌月末に請求書払いが可能なのは非常に便利かと思います!

法人限定の割引きが適用される

Amazonビジネス向けの特別価格や、数量割引きが多数の商品に適用されており、普通にプライム会員として購入するよりお得になっています。

特にオフィス用品などはまとめて購入する事が多いと思うので、Amazonビジネスのアカウントを作っておけば経費削減にも繋がります!

法人向けの管理機能が使える

詳細は後述しますが、法人向けとして「購買分析ダッシュボード」「購買コントロール」という機能を使う事が可能となっています。

ただし、こちらはAmazon Businessプライムの申し込みが必要で、プランにより利用出来るサービスも異なります。

 

Amazon Businessプライム会員特典について

Amazonビジネスでは、通常の利用以外に「Businessプライム」という法人向けのサービスがあります。

ちなみに、料金プランは以下となります。

会員プランユーザー数年間月あたり
Essentials最大3名3,900円325円
Small最大10名13,500円1,125円
Medium最大100名37,800円3,150円
Unlimited無制限270,000円22,500円

大きな違いはユーザー数となっていますが、例えば、チェーン展開している飲食店や美容室など各店舗でユーザーを振り当て活用するなどすれば、かなりお得になるのではないでしょうか?

Businessプライムの会員特典はこちらになります。

配送オプションが無料

注文確定日の当日に配送してくれる「当日お急ぎ便」、注文確定日から3日以内に配送をしてくれる「お急ぎ便」、お届け日時を指定できる「お届け日時指定便」が何度でも無料で利用出来るのと、注文金額にかかわらずAmazon.co.jpが発送する商品の通常配送料が何度でも無料で利用可能となります。

つまり、プライムマークが付いている商品であれば、金額・個数は関係なく送料無料で当日商品を受け取る事が出来ます。

購買分析ダッシュボードが使える

購買データが可視化されるため、注文状況の把握や不必要な購入品の管理、またコストダウンに繋げる店舗ごとのコスト管理などが容易に可能となります。

この機能は、Essentialsプランでは利用できません。

購買コントロールを使える

Amazonビジネスを使って、どの商品カテゴリーが購買に相応しいのかを予め設定しておいたり、明らかに不要であるカテゴリーを非推奨とすることで、スムーズな購買ルールを設定する事が出来ます。

この機能は、Essentialsプランでは利用できません。

 

Amazonビジネスのメリット

ここまで説明してきた内容でメリットをまとめると、大きなポイントとして二つあります。

商品が法人価格で安く買える

多くの商品は個人アカウントで買っても、ビジネスアカウントで買っても同じ価格なんですが、オフィス用品などはビジネスアカウントで購入した方が安く買える物があります。

逆にビジネスアカウントの方が高くなる商品は無いので、価格面でのデメリットは一切ありません!

また、まとめ買いを行う事で、数量割引きが適用される商品もあるので、通常より安く買える商品があるのはメリットですよね。

請求書払いが可能となる

2018年9月11日に開催されたメディアブリーフィングにて、アマゾンジャパンが説明したAmazonビジネスの利用状況によると、Amazonビジネスを利用している年商300億円以上の法人の70%以上が、この請求書払いを利用しているとのことです。

請求書払いは、月末締めの翌月末払いとなるので、他の支払いとまとめて処理が出来たり、請求書の管理がしやすいなどのメリットは大きいでしょう!

 

Amazonビジネスを使うべき人

Amazonビジネスは、法人・個人事業主向けのサービスとなっているのですが、小さな事業所というよりはチェーン展開しているような企業、飲食店などが恩恵を受けるかと思います。

美容室、ネットカフェと言った消耗品の多い店舗や、従業員の多い大企業などは急に必要となった商品をすぐに届けてもらい翌月末の請求書払いに対応しているAmazonビジネスが向いているでしょう!

もちろん、小さな事業所でも消耗品や急遽必要となったオフィス用品など、当日に配達して貰えて請求書払いできるなど、メリットはあります。

 

Amazonビジネスに切り替える場合の注意点

現時点で既にAmazonプライム会員の場合、無料でAmazonビジネスに切り替える事が出来るため、余計に年会費を払う必要はありませんが、切り替えることでのデメリットもあります。

それは、Amazonビジネスアカウントでは、以下のプライム会員特典が受けられません。

  • プライムビデオ
  • プライムミュージック
  • プライムNow

個人用のAmazonアカウントをAmazonビジネスに切り替える事はあまり無いと思いますが、知らずに切り替えてしまうとこのようなデメリットもあるので、もし会社でビジネスアカウントの管理者として選定されたとしても個人のアカウントを使わず、会社用として新しくビジネスアカウントを作るようにしましょう!

ビジネスアカウントから個人アカウントに戻す方法

もし、個人アカウントを会社用にビジネスアカウントとして切り替えた後に、やっぱり個人アカウントに戻したい!という事もあると思います。

この場合、以下の手順で簡単に戻す事が可能です。

  • 管理画面右上の『〇〇のアカウント』から「ビジネスアカウントの管理」をクリック
  • 『ビジネスアカウントの登録解除』をクリック
  • ビジネスアカウントを解約する

たったこれだけの手順で、個人アカウントに戻す事が出来るので、間違えてビジネスアカウントにしてしまった方でも安心ですね。

 

Amazonビジネスとアスクルの比較

オフィス用品を事務所で購入し、配達してもらえるサービスの代表的なものだと「アスクル」を思い浮かべる方も多いと思います。

そこで、Amazonビジネスとアスクルをいくつかの項目で簡単に比較をして見たいと思います。

価格を比較

比較的オフィスで使う消耗品として、コピー用紙や付箋などをいくつかピックアップして、出来るだけ似た商品で価格を比較してみました。

商品Amazonアスクル
コピー用紙332円/冊369円/冊
ロール付箋266円/個276円/個
ティッシュ199円/パック219円/パック
ウェットティッシュ297円/個398円/個

結果として上記の比較では、Amazonビジネスで購入した方が安くなるケースが多く、Amazonビジネスを利用する決め手の一つとして考えられるかと思います。

もちろん他の商品では違った結果になると思いますので参考としてご覧頂ければと思います。

商品数を比較

オフィスに必要な事務用品や消耗品などを中心に展開しているアスクルの商品数は500万点以上あり、かなり充実な品揃えと言えます。その他、工事現場・医療現場で必要な商品なども取り揃えるなど十分なラインナップかと思います。

一方のAmazonですが、取り扱い商品の数だけでいうと数億点と桁違い…もちろん、その中にはオフィス用品に限らず様々な商品があるため正確な比較にはなりませんが、より多種多様な業界のニーズにあっているとも言えるので、この数億点という商品数は魅力的です。

利便性を比較

Amazon Businessプライム(年会費3,900円〜)を利用すれば、当日お急ぎ便が何度でも無料になったり、請求書払いが出来たりと利便性の高いAmazon。また、プライムを利用しなくても、税込み2,000円以上の購入の場合なら送料無料となります。(Amazon.co.jpが発送する商品の通常配送)

一方のアスクルですが、地域は限定されますが当日配送エリアの場合、午前11時までに注文を行うと当日お届けが可能となり、税込み1,000円以上であれば送料も無料となります。また、請求書払いにも対応しています。

利便性で言えば、Amazonビジネス・アスクルとも甲乙付け難いですね。

 

Amazonビジネスのまとめ

写真 公式サイト

数億点という豊富な商品数や、日本企業のニーズにあった請求書払いが可能となったり、プライム会員になれば当日お届け便などが無料で何度でも利用出来たりと法人向けサービスとしてはかなり魅力かと思います。

また、全国チェーン規模の店舗を持つ企業などはコスト管理なども行いやすい点や、小さな事業所でも法人価格で商品が購入できるなどAmazonビジネスを利用するメリットはとても大きいのでは無いでしょうか?

Amazonビジネスの利用自体は無料なので、アカウントを作成し、現在利用しているサービスと比較をしてみて下さい。合同会社DMM.com・株式会社ナビタイムジャパン・エステティックTBCなどAmazonビジネスを導入している企業はかなりの勢いで増えているので、この機会にAmazonビジネスを提案してみて下さい。

 

\ 利用は無料!メリットたっぷり /
Amazonビジネスの詳細/ オフィス用品買うならAmazonで \

 

✦ コメントを書く