Amazonギフト券が超お得なキャンペーン中

7pay(セブンペイ)7月に開始!セブンイレブンのスマホ決済アプリがついに誕生

お金

「また、なんとかペイの誕生か」という声が毎月のように聞こえるようになった日本においても、大手コンビニのセブンイレブンはPayPayや楽天ペイに対応をしてきませんでしたが、ここにきて独自のスマホ決済アプリ「 7Pay(セブンペイ) 」を2019年7月に開始すると発表しました。

今回は、7Payの概要とnanacoポイントなどの取り扱いについて掘り下げてみたいと思います。

おすすめのスマホ決済アプリを徹底比較!2019年最新のキャンペーン情報も
2018年12月4日、Yahooとソフトバンクが手掛けるスマホ決済アプリ「PayPay」が展開した前代未聞の100億円あ...

セブン&アイ独自のスマホ決済7Payとは

セブンイレブンといえば、電子マネーnanacoを連想されるかたも多いと思いますが、携帯端末で利用できるのはおサイフケータイを搭載しているAndroid端末やガラケーのみでiPhoneユーザーは利用ができませんでした。

その点、今回発表された7Payは他社のスマホ決済アプリと同様にアプリを端末にインストールし、アプリに表示されるQRコード決済もしくはバーコード決済をすることで利用が可能になります。

かんたん、便利、おトクがコンセプト

リリース当初は、既存のセブンイレブンアプリから7Payを利用することになりますが、最短2タップの画面遷移で簡単に利用登録が可能で、レジで会計をする際にアプリに表示される支払いバーコード画面を提示し読み取ってもらうだけで支払いが完了となります。

この辺りは他のスマホ決済アプリと同様なので迷うかたは少ないと思います。

また、チャージ方法も店頭レジやセブン銀行ATM、各種クレジットカードなどからチャージをすることが可能なのでこちらも比較的簡単ですよね。

また、7Payで支払いを行えば、既存のセブンイレブンアプリに紐付けているnanacoポイントやバッジ、マイルが貯まるためお得となっています。

 

7Pay(セブンペイ)の使い方

2019年7月から開始される7Payを利用するには、まず既にリリースされているセブンイレブンアプリを入手することから始まります。

セブン‐イレブンアプリ

セブン‐イレブンアプリ

無料posted withアプリーチ

クーポンが貰えたり無料Wi-Fiが利用できたりと利用者がかなり多いアプリなので、セブンイレブンを日頃から利用されているかたにとってはお馴染みのアプリかと思いますが、リリース時の7月はこのアプリから最短2タップで7Payを利用することができるようです。

アプリに表示されるバーコードを店頭レジで提示することで、チャージされた残高を消費して支払うことで簡単に決済が完了し、紐付けたnanacoポイントなどが貯まるためセブンイレブンを利用するかたは必須のアプリになるのではないでしょうか。

2019年10月からは、7Pay専用アプリが登場

7月にリリースされる頃は、既存のセブンイレブンアプリから利用する方法しかありませんが、10月には7Pay専用のアプリが登場する予定となっています。

おそらく専用アプリでも利用方法やnanacoポイントなどの仕組みは同じになるかと思いますが、リリースキャンペーンなどポイントの付与率などが変わる可能性もあります。

 

7Pay(セブンペイ)利用でnanacoポイントの扱いは?

セブンイレブンでお買い物をする際にお得になるのがnanaco(ナナコ)という電子マネーですよね。カードタイプのものもありますし、ガラケーやおサイフケータイ対応のAndroid端末で利用できるのですが、100円の支払いにつき1ポイントが貯まる仕組みとなっているため、利用されているかたも多いのではないでしょうか。

しかし、7Payが登場する2019年7月以降、このポイント制度が変わります。

6月までは還元率1%だったnanacoポイントですが、7月以降は200円の支払いにつき1ポイントが付与されるようになるため、還元率は0.5%になります。

これだけ見ると、単に改悪されたことになるのですが、7Payでも200円の支払いにつき 1nanacoポイントが付与されることになっています。

恐らく、7Payにnanacoを紐付けた状態で7Payで決済をすることで、合計1%のnanacoポイントが還元される…という仕組みなのではないでしょうか。

リリースに伴い、還元率を上乗せすることも視野に入れているようで、セブンイレブンでのスマホ決済を普及する施策として、今回の変更が行われたのかと予想されます。

ただ、7Payを利用されないかたであれば、単純に還元率が半分になるだけなのでちょっと残念ではありますよね…

7Pay(セブンペイ)が使える店

そして気になるのが、セブンイレブン初のスマホ決済アプリを利用できるお店だと思います。セブンイレブンは当然ですが、セブン&アイホールディングス傘下の企業や、関係性の深い企業では利用ができるようになることでしょう。

セブンイレブン・イトーヨーカドー・ヨークマート・そごう・西武百貨店・デニーズ・赤ちゃん本舗・ロフト・Francfranc・タワーレコード
電子マネーのnanacoが現状で利用できている店も、7Payの利用はできるはずです。

 

また、多くのスマホ決済サービスに対応している以下の企業・店舗でも、これまでと同様に7Payが利用できるようになることでしょう。

マクドナルド・ミスタードーナツ・ビックカメラ・コジマ・サンドラッグ・ツルハグループなど

スマホ決済サービスについて、セブン&アイホールディングス傘下の企業や関係性の深い企業以外の企業・店舗をどれだけ導入できるかにかかってくるかと思いますが、7Payはスマホ決済ではかなり後発となるため、この辺りの準備は進んでいることでしょう。

 

セブンイレブン独自のスマホ決済アプリ7Payまとめ

セブン‐イレブンアプリ

セブン‐イレブンアプリ

無料posted withアプリーチ

リリースは2019年7月ともう少し先にはなりますが、セブンイレブンを日常的に利用されているかたにとっては待ち遠しいスマホ決済アプリとなる7Pay

特に、nanacoモバイルが利用できなかったiPhoneユーザーには待望のアプリです。

10月までは、既存のセブンイレブンアプリから利用をすることになるので、上で紹介しているアプリをダウンロードしておきましょう!

スマホ決済アプリが使われる条件は、還元率が非常に重要な指標となりますが、この辺りがリリース時にどれくらい付与されるのかも気になるところですが、7月になる直前にはキャンペーン内容なども発表されるはずなので、その際は改めて追記をさせて頂こうかと思います!

現在、お得に利用できるスマホ決済アプリでおすすめなのが、楽天でのショッピングで貯まったポイントを活用できる楽天ペイや、キャンペーンでお得なPayPayといった人気のスマホ決済アプリです。

以下の記事では、おすすめしたいスマホ決済アプリを詳細に紹介していますので、気になるかたはぜひご覧いただければと思います!

おすすめのスマホ決済アプリを徹底比較!2019年最新のキャンペーン情報も
2018年12月4日、Yahooとソフトバンクが手掛けるスマホ決済アプリ「PayPay」が展開した前代未聞の100億円あ...

✦ コメントを書く